So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016コモド旅★3日目 リンチャ島のコモドオオトカゲざんす [コモドドラゴン]

2月15日
夕焼けからの
2017.2.16a.jpg
↑ 朝焼け。

朝焼けもさることながら、トッケイの鳴き声に起こされるという素敵すぎる朝。
声はすれども姿は見えず。

2017.2.16b.jpg
2017.2.16c.jpg
↑ 気持ちいい朝。

朝食を済ませて9時頃にヴィンセントと合流。
車に乗って港へ向かう。
向かう途中、飲み物などを購入。
前回はミネラルウォーターだけだったが今回はビンタンビールを積み込んだ。
インドネシア料理と抜群に合うビンタンビール最高。

そして今回の船。
2017.2.16d.jpg
↑ 1泊2日を過ごす船。

よく見てほしい。屋根の上を。
デッキチェアきたわああああああああああああああ!!!!!!
これにはテンションがオニ上がり。
前回より1泊増やしたことにより勝手にグレードアップしたのか、特に頼んでもなかったけれど前回よりいい船になっていた。
2017.2.16e.jpg
↑ 船内。

よく見てほしい。はしごの先を。
中2階きたわああああああアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!
前回は床にマットを敷いて寝ていたが、今回は寝床専用の中2階付き。
この16時間後、体調が悪くなりこの中2階で忍者のように胃薬を探すハメになることも知らず、このときは全力で浮かれた。

浮かれたわたしを乗せて出航。
2017.2.16f.jpg
↑ 海もとてもキレイ

そして今回は、ビダタリの浜辺に寄ることになっていた。
泳ぐ暇があったら早くコモドオオトカゲに会いたいと思っていたので船を少しだけ停泊させて浜辺を散歩。
2017.2.16g.jpg
↑ 自分たち以外、誰もいないんだぜ?

2017.2.16h.jpg
↑ 透き通る海の水。

ここでババアなのに貝殻を拾って遊んだ。
こんな・・・・40を超えてキャッキャ言いながら貝殻を拾うことになるなんて人生には何が起こるかわからない。
めっちゃ楽しかった。
11歳でも41歳でも、貝殻を拾うのは楽しい。美しいかは別として。

2017.2.16i.jpg
↑ 戦利品。

泳ぎたかったなぁと思ったけれど、早くしなければコモドオオトカゲがいなくなってしまうのでビダタリを後にして船は進む。
2017.2.16j.jpg
↑ もくもくの雲、真っ青な海、快晴。

船で昼食をとり、13時頃、リンチャ島へ到着すると見えてきた。
2017.2.16k.jpg

きたわああああああ2年前の地獄もついでに思い出して震えるwwwwwww

2017.2.16l.jpg
↑ ババーン

前回、自分がデブすぎたことと体力不足とスリムウォークのスニーカーを履いて挑んだせいで地獄のトレッキングとなったリンチャ島。

10キロ以上絞って再びきたぜえええええええええ

などと元デブの意気込み荒めに進むと、
2017.2.16m.jpg
↑ いたわああああああああああ

やっと会えたね。などと気持ち悪いことを言いたくなる気持ちがわかるほどに。
2017.2.16n.jpg
↑ もっさり。

2017.2.16o.jpg
↑ 重なったり。

かわいすぎか。
ここまでは野生ではない公園内のコモドオオトカゲ。
ここから歩いて野生のコモドオオトカゲに会いに行く。
今回は嫌な予感などしない。
案内をしてくれるレンジャーにロングコースを迷いなく伝えた。
そんな気合いの入った客の要望に、

「ロングコースはやめておいた方がいい」

などとレンジャー。
まじか。
たくさん歩いてたくさんのオオトカゲを見たくてカラダ絞ってきたんだよ!!
という気持ちでだだをこねてみる。

「ロングコースを行ったからってドラゴンをたくさん見れるわけじゃない」

などと再びレンジャー。
おいィ?
わたしにはわかっていた。
暑いのだ。
こんな炎天下の中、レンジャーはこんな昼過ぎからロングコースなど行きたくないのだ。
ちきしょー!!!!!自分ファーストかよ!!!!!

結局、ミディアムコースということで歩き始めた。
2017.2.16p.jpg
↑ 左は自分ファーストのレンジャー。

ほどなくして歩くと、なんとなく見覚えのある景色が。
2017.2.16q.jpg
ここ、2年前、前日までの大雨で川になってた場所やん・・・・・
2014_3_9n-b820b.jpg
↑ 前回wwwwwwww
ここを渡り、スニーカーが水没死亡した場所。

あの時はドン引きしたなぁ・・・・などと思いつつ、進みながらレンジャーが立ち止まってはいろいろな解説をしてくれる。
オオトカゲを探しているのに、
2017.2.16r.jpg
↑ 野牛。

おお・・・牛。
我が牛トチエモンは元気にしているだろうか・・・などと思い出しつつ。
レンジャーは野牛の説明をしつつもずんずん進んで行く。

しばらくすると分岐点が出てきた。
同伴してくれたヴィンセントが、
「ここがロングコースとミディアムコースの分岐点だ。」
と教えてくれた。
ここを進むと引き返せないと、わたしたちにロングコースへ行くラストチャンスを教えてくれたのだ。
すかさずレンジャーにロングコースへ行くと言った。

信じられないよ。的な顔をしたレンジャーは、なんとそこから超早足になって説明もせずにどんどん進むようになった。
すねるとかwwwwwwwwwwww

減量しておいてよかった。
高野山に登っておいてよかった。
日本の低いトレッキングコースの山々、ありがとう。。。
わたしはレンジャーにがっつりついて行った。
2017.2.16t.jpg
↑ まるでドラクエ。(前から2番目の緑のハットと赤いリュックがわたし)

すねたレンジャーがズンズンとロングコースを歩いて行く。
こいつ・・・・コモドオオトカゲ探してないんじゃあ・・・・・
そんな嫌な予感をし始めたとき、なんとヴィンセントが声を上げた。

2017.2.16u.jpg
↑ !!

2017.2.16v.jpg
↑ !!!

我らが走った先には・・・・・
2017.2.16w.jpg
2017.2.16x.jpg
2017.2.16y.jpg
2017.2.16z.jpg

いたわぁ・・・・・・
昼すぎてるのに・・・・
こんなに暑いのに・・・・
レンジャーすねてるのに・・・・・

2年前はリンチャ島では見られなかった野性のコモドオオトカゲ。
初めて見た。
コモドオオトカゲはどんどん遠くに歩いて行き、やがて藪の中へ消えて行った。
2017.2.16zz.jpg
ここにいてくれてありがとう・・・・・

サナエさんと、
「ヴィンセントの発見力やべえwwwwww」
「レンジャー使えねえwwwwwww」
などとワキワキしながら進んで行く。

2017.2.16zzz.jpg
↑ いろんなところにいた野牛。

2017.2.16zzzz.jpg
↑ 丘の上からの景色。

前回は息切れの中でどうでもよく見えた光景も今回はとても美しく見える。

2017.2.16zzzzz.jpg
↑ ドラクエ。

2017.2.16zzzzzz.jpg
↑ 2列目と3列目を並び替えたドラクエ。

戻ったとき、ヴィンセントが何やら真剣な顔でサナエさんに何か伝えている。
レンジャーにチップをはずんでやってくれとのことだった。
微妙に納得行かなかったが終わりよければすべてヨシ。
はずんだチップを渡すと、レンジャーは笑顔になった。
ゲンキンか。

結局、リンチャ島で会えた野性のコモドオオトカゲはあの1頭だけだったけど、大満足だった。
この日は船で1泊。
波の静かな停泊スポットで船を泊めると、前回同様、小船に乗って物売りがやってきた。
来ることは知っていてここでいくつかコモドの木彫りを買うつもりだったので交渉。
前回は大人しかいなかったのに今回は子供までいる。

前回ここでは結構嫌な思いをしたので慎重に買い物しようと、インドネシア語で聞いた方が楽しく買い物できるだろうか?などと思いながら、船のフチに並べられた品物を指差しながら、インドネシア語の本を見ながら

「berapa?」(いくら?)

と聞くと値段を言ってくれた。
聞き取れない値段はヴィンセントが通訳してくれたがそれも英語なのでわたしはたまにいくらかだいたいしかわからず、本気で英語がわからない自分が残念すぎて笑えてきた。
サナエさんは後ろで大勢の物売りを相手に英語で交渉していると言うのに。

女の子がいたので笑いかけると照れくさそうにうつむいた。
インドネシア語の本の中から必死こいて項目を探して、

「berapa umur?」(何歳?) と聞くと、かわいい声で、

「tujuh」

と答えてくれた。
7歳。
えらいなぁ。

そんなやりとりを横で見ていたお父さんらしき人は、わたしが買おうとした木彫りをけっこう安くしてくれた。
安くしてくれたのでじゃあこれも!などと追加するとお父さんはびっくりして笑い、それも安くしてくれたりして、とても楽しい買い物になった。
前回は押し付けられるように売ってくるので嫌な思いをしたけど、意外や意外。
小船で帰って行く彼らに、

「terima kasih!」(ありがとう!)
と手を振ると手を振ってくれた。

彼らが帰った後、ヴィンセントが、
「彼が僕にもくれたから、これは僕からサヨリにあげる。」
的なことを言って小さなコモドの木彫りを1つわたしにくれた。

前回の殺伐とした小船商人との交渉とはえらい違う。
旅で役立つインドネシア語の本を持って行っててよかった。
インドネシア語を話せたらもっと楽しいことがたくさんあるんだろうなぁ。

その夜、夕食の後、屋根の上のデッキチェアに寝転がって空を見た。

「月が眩しい・・・・・。」

わたしは産まれて初めてこの言葉を口にした。
月が眩しいと思ったことなんか一度もなかった。
何の照明もない中、寝転がって見上げた夜空は月と星だけの明るさだった。

写真を撮ったけどしょぼいデジカメなので何も写らなかった。
あれはわたしの頭の中だけに残っていてボケるまでは大事に覚えておこうと思う。
眩しい月と落ちてくるかと思うほどの数の星。
またここにこれてよかったと心から思った。

素敵な気分で船内に戻り、就寝したわけだが、午前3時頃に暑さで目が覚め、胃が苦しくなり暗闇の中、寝ているサナエさんとヴィンセントを起こさないように自分のカバンまで忍び寄り、大正漢方胃腸薬を探し出して飲む。
水を枕元に置いておいてよかった・・・・
さっきまで夜空に感動していたくせに真っ暗やんけ!などと思う自分が本当にダメだと思った。

旅先には必ず携帯しよう常備薬。
またここにこれたことと、大正漢方胃腸薬に感謝した夜だった。

つづく。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:ペット

2016コモド旅★2日目 リベンジざんす [コモドドラゴン]

2月14日
バリ島の朝は気持ちいい。日本でも気持ちいいけど。
朝なのに南国の空気がムァンと漂っていてじっとしていてもテンションが上がる。
2017.2.15a.jpg
↑ 6時28分

前回はフロントに、
「部屋に荷物だけ置いて3日間留守にします」
と言う旨の伝言をするのに困ったというか人任せにしていたけど、今回はこの試練を回避すべく用意周到。
会社近くの、よくランチに行くバリ料理屋の店員さんにインドネシア語でその旨を書いてもらったメモを持参。
フロントマンに渡すと笑顔でOK★と言ってくれた。
やだめっちゃスムーズわしグッジョブ。

そして今回はこれ。
2017.2.15b.jpg
バリ王で借りたWi-Fi★
これでどこでもインターネッツできるぜえええええええ

前回は待ち合わせのガイドがホテルのロビーのソファで爆睡していて合流が遅れるという、あり得ない状態での焦りがあったが今回はそんなこともなく無事に合流。
スムーz

コモドツアーはバリ王ではなく前回同様ラグラグツアーで申し込んでいたのでガイドもラグラグツアーからの人。
車に乗り込んだ後、まずはガイドさんにコモドツアー代を払うことに。
1300ドルを渡すとやや奇声をあげるガイド。

「こんなにおかねたくさん こわい」

と言うガイドによるとこのツアー代金は彼らの年収ぐらいに当たるという。
まじか。
昨日のバリ王のガイドはA5牛が好きと言っていたのに。

「わたしも日本に帰ると貧乏でめっちゃ働きます。」

などと伝え、ガイドを静めている間にデンパサール空港へ到着。
ガイドに礼を言い、国内線めがけて歩くが、前回と違うデンパサール空港。
めちゃくちゃ綺麗になっていた。
だが、
2017.2.15c.jpg
プロペラ機は見た目も機内も2年前と何も変わらなかった。
前回は機内でパンと水が出たなぁと思っていたら、今回は何も出なかった。
まじすか。いや別にあのパンと水とかいらないけど。
いらないんだけど、パン&水きたwwwwwww って言いたかったわ。

しょんぼりしたわたしを乗せ、プロペラ機は飛んでいく。
2017.2.15d.jpg
↑ 窓の外、めっちゃ綺麗。

2年ぶりのラブハンバジョーの空港。
前回はなかなかデンジャラズな空港だった。
2014_2_25h-07e26.jpg
↑ 前回。空港から駐車場へ行く迄のところ。

そういえば観光客を捕まえようと待つ現地のタクシードライバーたちが怖かったなぁなどと思っていたが。
今年降り立った空港は。
2017.2.15e.jpg
↑ !!!!!!!!

まじか!
まじかあああああ!!!

2017.2.15f.jpg
2017.2.15g.jpg
2017.2.15h.jpg
↑ 空港内のオブジェ。

まじすか。
まじすか。。。
これには感動して震えた。
めっさ綺麗になってる・・・・・
この2年の間にラブハンバジョー空港は、コモドオオトカゲ頼りの綺麗な空港になっていた。

感動したわたしを前回と同じガイド、ヴィンセントが出迎えてくれた。
凄くいいガイドさんだったのでラグラグツアーで指名をしたら来てくれた。
わたしのことは覚えてるのかなぁ。
コモドオオトカゲ好きのババア2人組とか珍しいから覚えてるかな?
2年経ってもぜんぜん英語が話せないわたしは今回もヴィンセントと意志疎通をとることができなかったのでヴィンセントが覚えているのかどうかは謎だった。
ただ、この旅の間ずっと、ヴィンセントのスキンシップが前回より濃厚だったことは確かだった。
おはようおやすみの挨拶がてらまあまあがっつりキスをする文化とか、わたしブラッドピットとピルロとサトノダイヤモンドとする以外は持ってないんだが。

再び指名したことを知り、喜んでくれたのだと思うけど、悪気がないのはわかるけど・・・
わたしが悲鳴を上げてNOOOOOOO!!と拒絶すること数回。
それ以外はとてもとてもいい人なヴィンセント。
わたしの文化が乏しくてすみませんでした。

前回は着いてすぐに船に乗り込み、リンチャ島へ出発したけれど、今回はゆっくりしたかったのでリンチャ島への出発は翌日。
ラブハンバジョーに到着して昼食を食べてその後、前回のリベンジ、ミラーストーン鍾乳洞へ。
そう。
2年前、わたしがグーニーズのチャンクばりに動けないデブだったがために入り口すぐで断念したミラーストーン鍾乳洞。
おまけにデブが履いていたのはサンダルだった。

今回は脱デブで足元はトレッキングシューズ。隙はなし。
前回同様、ヘルメットを借りて進んで行く。
2017.2.15k.jpg
狭いし足元も悪い。
2017.2.15l.jpg
↑ クモ。

2017.2.15m.jpg
↑ コウモリ。

凄いなぁ洞窟凄いなぁ。
2年前は見られなかった光景のどれもが凄いドキドキする。

2017.2.15i.jpg

なんかもうね、本当にきてよかった。
嗅いだことのない空気、洞窟の中の真っ暗闇。
射す光のありがたさ。

2017.2.15j.jpg
↑ 感動して岩場で浮かれポンチ。

ミラーストーン鍾乳洞を出て買い物をしてホテルにチェックイン。
前回と同じゴローヒルトップホテルに宿泊
オーストラリア人のオーナーが2年前と変わらない笑顔だった。

2017.2.15n.jpg
↑ 18時36分の夕焼け

美しい夕焼けを見ながらまたここに来れたのだなぁと。
そして明日はいよいよコモドオオトカゲを見にリンチャ島に行くのだと思うと、

オラわくわくしてきたぞ!
なんだかワクワクすんなぁ!

などと、ジャンプの2大主人公のセリフの意味がガチでわかるほどに激しくわくわくした。

つづく。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

2016コモド旅★1日目 出国ざんす [コモドドラゴン]

さて、昔話を始めようか。

気がつけばコモド旅2016から帰ってきて1年。
ちょうど去年の今頃は、トッケイが早朝に鳴きまくるインドネシアにいた。
もうそんなに経ったとは思えないけど、もうずっと昔に行ったような気がする、
そんなコモド島(´ー`)

今回は2度目ということもあり、前回の失敗点を考えたところこんなところだった。

◆全体的に日程がタイト過ぎた。
◆特にラブハンバジョー(バリから国内線で2時間ほど飛んだ先にあるコモド島ツアーに出る港のある町)での日程が短すぎた。
◆女子力なさ杉
◆サヨデブ杉

結果、前回の4泊6日を6泊8日に伸ばし、ラブハンバジョーでの滞在を2泊3日から3泊4日に増やしバリ島滞在中にエステの予約を入れてわたしは13キロ減量した。

ヤバイこれ隙ねえよ完璧っすわうぇっwうぇっwwwww
旅も同じ場所へ2度目だとかなりこなれてくる。
わたしはあらゆることを考えて旅に備えた。
こんなにしっかり準備した旅は初めて☆ってぐらいに備えた。

2月13日
今回は関西空港から出国。
2016.2.14a.jpg
↑ 前回いい仕事をしていた目印のなめことオニなめこも再び同行。

前回と同じガルーダインドネシア航空を利用。
2016.2.14b.jpg
↑ 無駄に優雅である様子。

食事はよく似た感じではあるけれども前の方が美味しそうな気がする。
悔しいので比べてみた。
2016.2.14c.jpg
↑ 2016年 パンver.

2014_2_23h-7aea4.jpg
↑ 2014年 ガーリックトーストver.

前とちょっと違うだとかそんなことを言いながらもしっかり食ってワインも数回おかわりをした。
何度目かのワインプリーズでスチュワーデスさんの顔が明らかに、

「  ま  た  お  ま  え  か  」

と言っているのが見てとれたが心ゆくまでワインのおかわりをした。
ずぶとい。ババアずぶとい。
その後は前回はジョジョだったが今回はおそ松さんにハマりすぎてしまい、まるで昔のアルバムを見て目を細める母のような心境でおそ松さんが子供の頃のおそ松くんの漫画の文庫本に没頭していた。
6つ子愛が松代を超えておそ松さん好きすぎてもはや変態の域。

そんな変態視点でおそ松くんを読み進めたり、うっかり昼寝したり、スチュワーデスさんに何か甘いものを要求したりしている間に見えてきたバリ島。
2016.2.14d.jpg
↑ 島々がめっちゃ緑。

あああああああまたきたわあああああああああああ
などとテンションが上がる中、空港に降り立つと、
2016.2.14e.jpg
↑ バリ全開。

空港でバリ王のガイドさんと合流。
このガイドさん、とても日本語が上手で話しを聞いていると日本に旅行したことがあるという。
その際に食したA5牛がうまかった話などを聞かされながら、車はバリ王事務所に到着。
A5て。金持ちや!このガイドさん金持ちや!!
そんなに儲かるのかバリ王のガイド。すごい。わたしも食べたいA5牛。
などとバリ島でガイドさんが高級和牛を食した自慢話にぐぬぬぬぬしているうちに、ルピアに換金してもらい、Wi-Fiを借りた後、車はホテルへ向かう。
前と同じホテルだがオーナーが変わっていてホテル名がカインドヴィラビンタンからサダラブティックリゾートに変わっていたが部屋の感じはほぼ一緒。
チェックインをしてここでA5牛のガイドさんとはお別れ。
日本語が凄く上手だし話もおもしろいので帰りもお願いしたところ、明日からどこかの島へ仕事で行くから無理だとのこと。売れっ子か。A5牛ガイド売れっ子か。

ホテルの部屋は前回は2階だったけど今回はなんか1階の部屋で前よりバリ感がアップ。
2016.2.14h.jpg
なんと、滞在中にこの部屋の前に50~70センチぐらいのトカゲがうろうろしていた。
恐るべしバリ島・・・・なんという爬虫類天国。

前回はチェックイン後、疲れきってごはんも食べずに寝たが、今回はしっかりバリ料理のレストランへ。
2016.2.14f.jpg
↑ インドネシアの焼き鳥、サテ アヤムとガドガド。
わたしは焼き鳥が大好物だけどバリでも焼き鳥か!!
というほどにサテ アヤム。こっちは甘めのピーナッツソースがかかっていてビンタンビールに激しく合う。

勝手がわかるということはこんなにも余裕が出るものなのか・・・・と驚くほどに、なんともゆったりした時間。
初めてのドキドキもいいけれど、余裕のある旅も凄くいいなぁなどと思いながら明日の準備をしてシャワーをして穏やかに就寝。
明日からのコモドツアーへの期待にハァハァしながら眠った。

つづく。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

新春来福 [全員集合]

2017.1.7.jpg

あけましておめでとうございます。

やっと言えた。
今年は言えたよ!!

ちなみに先ほど年賀状が完成しました。
もう今の仕事を続けている限りわたしに正月は来ないんじゃないかと。
けどわたしは知っている。
慣れた仕事があるだけありがたいことを・・・・・!!

・・・社畜?社畜なの??
何を言ってるのかちょっとよくわからないですが、
締めが終わり、元旦以来の休みなのでうれしいです。

そんな社畜ちっくな中、2016年を思い返してみるわけですが2016年は穏やかに過ぎ去りました。
全員病院に行くこともなく、オニールの左目がちょっと気になる状態ではありますが、食って出して脱皮して元気なのでまあよしとして、みんな元気に過ごしてくれてとてもいい1年でした。
いろいろ考えた結果、結局今年も新しい生体はお迎えすることはなかったです。
いろいろ考えたというのは、サバンナモニターがどうにもこうにも飼いたくていろいろ考えていましたが、ドラえもんばりにネズミが嫌いな母の、

「わたしが死んでから好きにしたらええけど目の黒いうちはあかん!!!」

という勢いある静止に負け、母の目の黒いうちは諦めることとなりました。
仕方ないので爬虫類カフェに通ったり、天王寺動物園でトカゲやワニを見て補ってます。
プライベートではまさかの野球にハマり、まさかの再び競馬に夢中になり、酒と野球と競馬が好きなオバハン通りこえてオッサン。確実にオッサンになってしまった感がすごい1年でした。
あと、太りました。
旅行が終わって油断してたら元に戻る勢いで体重が増えて、わたしって本当に健康だなぁって思いましたが、春になったらトレッキングに行きたいのでもう少し痩せます。このままだと膝が砕ける。
けどデブの方が生きてて楽しいです。たくさん食べられるから。
デブ最高。
けどトレッキングできない。しくしく。

結局コモド旅のことをブログに書かずに2016年が終わってしまいましたが、
とうとう2016年は1回しかブログ書いてなくてしかもそれが新年のあいさつでなんか3月で。
どうなってんだよ!!って思うわけですが、しょうがない。
もうね、しょうがないウフフ。
スイッチが入ったら書きますね!!
何スイッチだよ!しらねーよ!!!ぐらいな感じで。

トチエモンの成長線がまた色濃くなっている今日この頃ですが、
今年もみんな元気に過ごせるように1年楽しくやっていこうと思います。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

謹賀新年 [全員集合]

2016.2.22.jpg
謹賀新年。
・・・・昨年は3月に賀正って言ったけど今年は2月だよ!!
これで来年は1月に言える計算。

サーセンwwwwwwwwww

昨年同様、おまえ何やってたんだよ!!!
と言われると、おそ松さんに果てしなくハマってました☆
なんか癖がすごいアニメだよあれ・・・・なんなのこれ病気なの?松病なの?
って感じで困ってます。誰か助けて。このままだと十四松の抱き枕カバー買っちゃうよ?
もういいから早く治まってほしい。
静まれ!わたしの中の松萌え・・・・・!!
金が続かないよ・・・・!(抱き枕カバー ¥16,800也)

などと言っている間に、コモド旅2016、行ってきました。
今回はアイポンを持って行ったので現地でツイッターに感想をうPしたりしてみたけど、肝心なコモドツアーではやはりつながらなかったWi-Fi。
つかバリ王で借りたWi-Fi、途中で息してなかった。
あれか。月曜に週刊ジャンプをダウンロードしようとしてフリーズしたんだけど、そこで力尽きたんか。
容量が限られてるとか書いてたからそうなの?ジャンプのせいなの?

てことで、コモド島の詳細はまたブログにアップします。
今回は振り返ってみる2015年。

もう本当にがんばったよ2015年。
仕事もがんばったし、減量もがんばったし、断捨離(服&思い出の品編)もした。
断捨離まだ途中だけど。
でも楽しいことだらけじゃなくて、テベスを死なせてしまったことは深く悲しかった。
元気になったと思ったのに。
いろいろ考えた1年でもありました。
ツイッター始めてよかったなと思った1年でもあった。
テベスが死んだとき、いろんな人の言葉がありがたかった。
みなさんペットの死と向き合って飼育してるんだなと。
死なせてしまって自分にはもう新しく生き物を飼う資格ないと思っていたけど、ひと括りにできることじゃないんだなと。
もっと強くならないと。などとみなさんに励まされて思いました。
コメントくださったみなさん、本当にありがとうございました。とても救われました。

けどまだ新しい生き物を迎えるには自分自身もバタバタしていて無理なので、今はツイッターでいろんな方のウーパールーパー、トカゲ、カエル、カメ、ヤモリなどの画像を見てはハァハァしています。
上記を飼っておられてよく画像をアップされている方を見つけてはフォローする作業を定期的にやってますが、無言でフォローしてすみません。
毎日癒されています。ありがとうございます。
中には虫やムカデをアップしてる方もいて最初は鳥肌全開だったのですが、その方の愛情こもったコメントを読んでいたらわりと平気になってきました。
前よりゴキブリが怖くなくなったしコオロギとか余裕になってきました。
自分の苦手なものに触れるのも大事ですね☆ウフフなどと思いながらムカデ画像を見たりしてます。
これ、いつかトカゲ飼うときに生きてくるぜ☆ウヘヘとか思ってます。

おかげさまでマチルダ・トチエモン・クッサーズ・オニールは元気で病気もない1年でした。
ぶりくらで久々に爬虫類友だちと会えたり、11月に始めてブラックアウトに行ってみたり、ツイッターでいろんな爬虫類・両生類好きの方と交流できたり、爬虫類喫茶に通い詰めてみたり、趣味の面も満たされてました。
これらは今年も去年同様続けて行きたいです。

だがしかしバタバタしすぎで2015年はなんとブログ更新回数が3回でした。
今年はこれよりはなんとかしようと思っています。
前回のコモド旅2014から戻って以来、1年以上かけていろいろ考えていたコモド旅2016が終わり、今回はとても納得の行く旅で完全燃焼できたのでコモド旅はひとまず終わりです。
今年は少しゆっくり過ごすつもりです。
ブログを更新する時間もできるんじゃないかと今は思っていながらも先のことはわからないけど、こうしてゆっくり机に向かう時間を作りたいと思っています。

時間を見つけてはコモド旅行のことをアップしていきます!
とか言ってどうせ年内目標なんですよねわかります。
などと思われてると思いますがいい意味で裏切りたい。
裏切り隊☆

てことで。
皆様今年もよろしくお願いいたします。
nice!(2)  コメント(14) 
共通テーマ:ペット

トチエモン、久しぶりの散歩 [リクガメ]

先月、大阪市にある爬虫類喫茶のお店の前に陸雄君とよく似たケヅメリクガメと、トチエモンを小さくしたようなケヅメリクガメが日光欲をしていた。
陽に当たるケヅメリクガメはとても綺麗で、忙しさにかまけてトチエモンを長い間散歩に連れて行っていないことを反省。
その2日後、ちょうど仕事が休みだったので、気合いを入れてトチエモンを散歩に出すことにした。
2015.11.9a.jpg
↑ チラ。

ニンジンで釣られながらドアへ向かって自分で進むトチエモン。
玄関まで到着。
2015.11.9b.jpg
↑ うちの狭い家の廊下だともうトチエモンの横幅にあまり余裕なし。

2015.11.9c.jpg
↑ 出てすぐの葉っぱに釣られるトチエモン。

家を出て50mほど自力で歩いてもらって公園へ。
書くと1行で済むけれどこの工程がいちばん大変なので写真もない。
行きたいところへ進むケヅメリクガメをニンジンと力技でなんとか公園まで導く。
これぐらいの大きさになると本当に力も強く、なかなか動いてくれないし、こっちに行きたいと思ったら何が何でも行きたい方向に行こうとするので方向転換させるのも凄く大変。
汗がポタリポタリと落ちる。
そして周りから見たらわたしは凄い変な人っていう。
変な人って書いて変人って言うんだぜ。
主婦数人に囲まれる変人のわたし。
すみませんすみませんすみm

以前は台車を用意していたけれど、もう台車に乗せることもひとりではままならないので、トチエモンに自力で歩いて行ってもらう方が楽だったりする。
こんなに汗が流れても、変人丸出しで道路であばばばしていても、この方が楽とかまじでせつない。

公園に着くととりあえず草に夢中になって食べ始めてくれるのでわたしはのんびりできる。
2015.11.9d.jpg
↑ パッと見、遊具の一環。

2015.11.9e.jpg
↑ ジャングルジムとトチエモン。

2015.11.9f.jpg
↑ すべり台とトチエモン。

なんだかおまえは公園の遊具が似合いますね(´ー`)

ほのぼのしていたらトチエモンがサッカーボールを見つけて、
2015.11.9g.jpg

遊び始めた。
2015.11.9h.jpg

ぬおおおおおトチエモン本名トッティ!トッティと言えばFCローマ!!
やべえ。うちのトッティがサッカーボールとかやべえwwwwww
やばい胸熱すぎるwwwwwwwwww
などとひとり興奮していたけど、よく見ていたらサッカーボールを食おうとしているだけだった。
おk。ですよね。

おそらくキャベツかレタスとよく似てるとか思ったんだと思う。
いいよ。
ケヅメリクガメらしくていいよ。
器用にサッカーボールで遊ぶケヅメリクガメよりサッカーボールを食おうとするケヅメリクガメの方がケヅメリクガメらしくていい。

2015.11.9i.jpg
↑ でかいので見失うこともない安心感

トチエモンが公園をうろうろしている間、わたしはのんびりベンチに座ってトチエモンを眺めていた。
もう一緒に暮らして14年も経つんだなぁと。
大きくなったなぁ。と。
思った以上にとても素敵な時間だった。
家から公園までの間は思った以上にとてもツライ時間だったけど。

日光浴しているケヅメリクガメは本当に綺麗。
これから定期的に散歩行きたい。
と、気づいたときは時すでに秋(ノД´)
nice!(1)  コメント(24) 
共通テーマ:ペット

今年が終わってしまう前に [全員集合]

賀正じゃねーよなどと言っていた前回のブログから早半年。
もう9月も明日で終わり、10月へ。
楽しみにしていたハイキュー!!2期も目前に。
この半年の間にわたしはなんと!11キロ痩せた。
前回までの5キロ+11キロで16キロ。
がんばった!ちょうがんばったよ!!!
などとわたしは元気だけど、今回は残念ながらみんな元気ですとは言えないことが辛い。

テベスが7月28日に死んでしまった。
2回も病院送りになったにもかかわらず、そのたびに元気になってくれたテベス。
わたしの観察力の無さのせいだと思う。
朝起きたら動いてなかった。

もう少し時間が経ったら、テベスのことを書こうと思っているけど、今は無理で・・・・
もう少し時間をください。

テベスの死後数日間、呆然としている間にもマチルダ氏はトマトを探し、トチエモンはメシを要求し、クッサーズはぼこぼこ無精卵を産むし、オニールはうんこしないし、わたしは表面上では落ち込んでいる暇はなかったけど、それが本当に有難かった。

2015.9.29c.jpg
↑ トマトじゃないけどニンジンもバリムシャなマチルダ氏。

2015.9.29d.jpg
↑ 相変わらずのトチエモン。

2015.9.29b.jpg
↑ 鶏肉をむさぼる産後のクッサーズ。

2015.9.29a.jpg
↑ 脱皮もそこそこにアンニュイなオニール。

元気でいてくれることの有難さよ・・・・・
死なせてしまうことが本当に怖くて、またどいつかが死んでしまうんじゃないかと思うと怖くて、特にオニールなんかはいつも動かないので何度もドキッとしては生きてるか確認して、生きてる・・・とホッとして全身から力が抜ける始末。
もう、自分のペットが死んでしまうのを見るのはもう嫌・・・・嫌だ・・・・。
などと思うガラスメンタルな自分に激しくガッカリ。

自分の飼育スキルの低さを悔やみつつ、テベスの教訓をちゃんと生かせるようにしたい。
簡単に飼える生き物なんてほんと、いない。

テベスは遺骨になってオニールのプラケの上に今でも座っているけど、・・・ああやっぱり無理。
テベスのことはまた後日落ち着いたら書く書きます。
いつ落ち着くのかわからないけど!!!
すみません。

こんな報告になってしまってごめんなさい。
テベスとの楽しかったこととか、テベスが元気になって嬉しかったこととか、もっと楽しいこともブログに書けたはずなのに、忙しさにかまけて書かなかったから、今は自分の記憶にしか残っていないことも悔やまれます。
自分の思い出の日記のつもりで書き始めたブログだったのに。
忙しいのもたいがいにして、もっと自分のペットたちと向き合う時間を作らないとな・・・などと考え中です。

テベスのことを心配してくださった方、大好きでいてくれた方、ありがとうございました。
いろんな方にかわいいかわいいって言われてたことをテベスは知らないだろうけど。笑
本当にかわいいやつだったし今でもかわいいやつです。

わたしと同じ気持ちで愛でてくださった方々、本当にありがとうございました!!
nice!(0)  コメント(14) 
共通テーマ:ペット

賀正 [リクガメ]

2015.3.16a.jpg
賀正・・・・・・じゃねーーーよ!!!
サーセンwwwwwwwwww
3月なっちゃってた ウヘペロ☆

おまえ何やってたんだよ!!!
と言われると、ハイキュー!に果てしなくハマってました☆
あと、不本意ながら痩身に励んでました。5キロ減りました。ィエッサー☆

ィエッサーじゃねーわwwwwwww
てことで今更振り返ってみる2014年。
ついに行ったコモド島。
有言実行する友の有難さにひたすら感謝でした。
行きたい行きたいとは言いながら行けない行かない海外旅行。
我らの本気がコモド島への出荷でした。

しかしこの楽しい楽しい旅から帰国して出社すると地獄が待っていて・・・orz
今思い出してもやだツライ☆
一緒に仕事していた先輩が辞めて仕事の忙しさは倍以上になり、正直本当にしんどくて。
新しい人が入っていろいろ教えて半年近く経ち、さてこれから仕事が楽になると思ったのも束の間、そいつが(そいつって言った・・・!笑)半年で辞めてしまい。
あんなに優しくしたのに・・・したのにーーーーー^^^^^^^^^^
こんな状態では長期連休なんて取れないので、2015年のコモド島はサナエさんの都合も微妙なこともあり、早々に諦めました。
ちなみに来月やっと人が増えます。
そんなわけで2014年は、スタートダッシュ天国、あとは仕事地獄でした。
けどがんばったことは自分の糧になっていると思います。
人生無駄なことなんてわりとないまじで。

仕事がクソ忙しいので世話も最低限しかできていないのに、クッサーズをはじめ、マチルダ氏もトチエモンもオニールも元気に過ごしてくれて感謝しまくりでした。
ただ1匹を除いて。
テベーーーーース!!!!!
そのテベスもなんとか回復してくれましたが、一時は本当にもうダメだと思ったぐらい、全身から死相が出ていました。
テベスの回復力と翼先生の推理力のおかげです。
そのテベス、今年もまた異変があり・・・今は回復していますがこれはまた後にブログに書きます。
同じカエルの症状に悩む人の参考になると嬉しいので絶対書きます。(いいから早く書け)

で、去年掲げていた目標がありまして、
【目標:トチエモンのハーネスを作る】
なのですが、結局達成できませんでしたorz
あと、野望ですが、ウーパールーパーもオタマも飼えてません。
もうハーネスなしでトチエモンの散歩がんばります。
ウーパールーパーとオタマはまだしばらく様子を見ます。
今はまだ飼えるときじゃない気がしています。

本当にコモド旅以外は尻すぼみな2014年でしたが2015年はいろんな意味で飛ばしています。
飛ばしすぎた結果がこれ。
2015.3.16b.png
不本意ながら励むハメになった痩身。
わたしはテニスプレイヤーのアンディ・マレーが好きなのですが、2015年全豪オープン、ベルディヒとの準決勝の第1セット、マレーがタイブレイクの末、負けました。第1セットを落としてこのままズルズルと負けそうな気がして。
その時サナエさんとラインをしていたのですが、うっかり送ったのが「勝ったら痩せる」。
この後、わたしの死亡フラグなど関係なく、マレーは第2セットを6-0でとり、そのまま第3、第4セットをとり、決勝へ進みました。

ちょwwwwwwwwwwwwwww

などと思っていない思ってナイヨ。
マレーが決勝に進んだときは嬉しかった。凄く。

なんであんなこと言ったんだろ・・・・と後悔しきり。
わたしはデブであることがわりと気に入っていて(たくさん食べられるから)、痩せるつもりなどサラサラなかったのですが、1つだけ頭にくっついて離れないことがありました。
【コモド島のロングトレッキングがデブ過ぎて息が上がってできない】
サナエさんにも言われた「ウエイト落としなよ」という一言。
肉食ってるときも米食ってるときもケーキ食ってるときも、この1つの理由だけがわたしに痩せなくていいのか?と問いかける。
それがついうっかりこんなカタチでラインでサナエさんに言ってしまったのかも知れない。
理由はどうあれ、言ったものは撤回できないので後悔しても仕方ないので今も地味にがんばっています。
急に痩せると絶対、絶対、絶対にリバウンドしてまた今より太るので、地味にやってます。

なので今年の目標は痩身です。
まさかコモドオオトカゲのために我が脂肪を削ることになるとはwwwwwwwww
おそるべしコモドオオトカゲ・・・・!!!!!

てことで。
今年もろくでもない感じで始まっていますが、ミルやん・アリ夫・マチルダ氏・トチエモン・オニール・テベス共々、よろしくお願いいたします☆
机の上を片付けたので忘れずに更新できる・・・・はずできるといいな!
nice!(2)  コメント(32) 
共通テーマ:ペット

コモド旅★5日目 ゾウ天国 [コモドドラゴン]

前回のあらすじ
お世話になったガイドと感謝でお別れ、ネタをくれたガイドと納得のお別れ、いろんなお別れを経験しつつ、ここにきてようやく女子らしいバリ島旅行!みたいになってきたのも束の間、女子時間わずか数時間で再びアニマルの世界に旅立つ我らであった。

◆2月17日◆
インドネシア4泊目にしてやっとバリ島のホテルで朝を迎えた。
2014.12.28a.jpg
やだ素敵。

朝食も、機内食の水とパン、シェフめし、スクランブルしすぎた卵を経てついに
2014.12.28b.jpg
ホテルの朝食バイキング。

朝食後、わたしは例の鍾乳洞で悪化した靴擦れのせいで行かなかったが、サナエさんはサービスで付いていたマッサージへと向かった。
2014.12.28c.jpg
なんか女子っぽいよ!
と思ったのも束の間、
2014.12.28d.jpg
チェックアウトの時間でござるwwwwwwwwww

ホテルを満喫できぬまま、バリ王のガイド、トゥリスナタさんに連れられて最終目的地へ。
車に揺られてウブドへ。
我らの旅のラストを飾るのは、エレファントサファリパークロッジ。
イエス、象。
ゾウに乗りたいのだ!乗るのだ!!
と言うことで、エレファントサファリパークロッジへ。
女子力はやっぱり無かった。

行く途中にサナエさんが木彫細工の店があったら買い物がしたいので寄ってほしいと言ったところ、笑顔で了承してくれたトゥリスナタさんが立ち寄ってくれた店は、銀細工の店だった。

ちげーーーよwwwwwwwwwwww

銀と木彫り、ぜんぜんちげーよ!
と、つっこみつつ、もう仕方ない。
トゥリスナタさん、日本語ができるけれど聞き間違えたのか、初めから銀細工の店と提携しており、我らに買い物させるつもりだったのかはわからない。
だがとにかく、来たものは仕方ないので、有名なガムランボールを買うことにした。
これがなかなか素敵で。
ここに来て初めてクレジットカードを忘れたことを後悔するハメになるほどに、素敵だった。
そしてわたしたちよりもぐぬぬぬとなっていたのは店員だった。
なんでこいつらクレジットカード持ってねーんだよ!!と、顔に書いてあったし、落胆の色が凄かった。
ごめんね!てへペロ☆

けっこう車で走ってエレファントサファリパークロッジに到着。
ここで半日ステイ。
0時頃のフライトなのでトゥリスナタさんたちが迎えにくるまでここで過ごすことになっている。
入るといきなり、
2014.12.28e.jpg
なんか素敵なウェルカムドリンク。

2014.12.28f.jpg
プールを横目に部屋に案内される。
2014.12.28g.jpg
2014.12.28h.jpg

部屋に入ると
2014.12.28i.jpg
かわいい部屋。

そしてよく見ると、
2014.12.28j.jpg
ベッドの足がゾウ。

やばいかわいいめっちゃカワイイ><
と興奮してバスルームに入ると、
2014.12.28k.jpg
タオルがゾウ。

テンションが上がった我ら。
部屋をうろうろしていたら、ゾウのショーがあるので迎えに行くから部屋で待てとのこと。
部屋で待てと言っても2階だし、下に降りとく?
ってことで下に降りていたら、部屋の前にきたホテルの人が上へ上がれと指示をする。
いや、わたしたちの部屋は2階なんだが?
と思いつつ、言われるままに2階にいると、

( ゜Д゜)?
2014.12.28l.jpg

2014.12.28m.jpg

2階理解wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

まさかのゾウが部屋に迎えにきてくれた。
2階からゾウに乗る我ら。
やだなにこれすごい初体験なんだが。
2014.12.28n.jpg

ゾウの背中からの眺め。
2014.12.28o.jpg
2014.12.28p.jpg
2014.12.28q.jpg
↑ 我ら大好きうんこ。

2014.12.28r.jpg
↑ うんこwwwwwwwwwwww(やめろと)

ゾウに送ってもらって次はゾウのショーを見る。
興奮している間に始まったショー。
2014.12.28v.jpg
2014.12.28w.jpg
2014.12.28x.jpg
凄いなぁと感激しながらもわたしは見逃さなかった。
2014.12.28y.jpg
↑ ちんこwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(やめろt)

ゾウもいろいろ大変だなぁなどと思っている間にも、
2014.12.28z.jpg
がんばるゾウ。

2014.12.30a.jpg
2014.12.30b.jpg
2014.12.30c.jpg
絵を描くゾウ。

うちのウンコ画伯とはえらい違いだ。
2013.11.27b.jpg
↑ トチエ画伯作

ショーが終わって案内されたのでついて行くと、
2014.12.30d.jpg
ゾウを洗わしてくれるなどと言う。
えええ?と思っていると始まった。

2014.12.30e.jpg
↑ ゾウを洗う我らwwwwwwwwwwwww
2014.12.30f.jpg
↑ 本当に洗っているんだぜ?

ゾウの皮膚は硬くて、毛も剛毛だった。
硬いブラシで洗ってもまったく平気。
でも絶対にゾウの足側には行くなと言われた。
そらワンキックでデブも吹っ飛ぶよね。

まさかゾウを洗えるイベントがあるなどとは思わず興奮しまくり。
興奮のまま連れて行かれた先は、昼寝をしている小象のところだった。
2014.12.30g.jpg
↑ 本当に小象をなでなでしているんだぜ?

ちゃんと全部写真を載せたかったが、自分の顔が興奮で大変なことになっているので自重した。
こんなに触っても起きない小象。
スースー眠る姿はもう、もう、あああああああああああああああああああ
かわいすぎるううううああああああああああああああ
と、喚くと起きてしまうかも知れないので心の中で喚き倒すぐらい、キュートだった。
これをキュートと言うんだと思う。

引き続き興奮したまま次に案内されたのは、
2014.12.30h.jpg
ゾウを眺めながらの、
2014.12.30i.jpg
アフタヌーンティー。

幸せすぎて怖いんだが?

食べた後は、部屋に戻って休憩。
シャワーをしたり、くつろいだり。
2014.12.30j.jpg
部屋もとても快適だった。

しばし休憩していると、再びショーがあるという。
その後、外でディナーらしい。
そして、
2014.12.30k.jpg
送迎ゾウ、再び。

太っていることを後悔したのは、乗馬のとき以来だった。
今度来る時は、10キロぐらい軽くなっておくからね・・・・
などとこの時に思ったのにわたしは今、この時より4キロ重くなっており、ゾウに合わせる顔がない。

2014.12.30l.jpg
2014.12.30m.jpg

ゾウに揺られながらゾウを見る。
どこを見てもゾウがいる。
なにこれゾウ天?

運んでくれたゾウにお礼を言う。
2014.12.30o.jpg
2014.12.30n.jpg
かっ・・・・かわわ・・・・・!!!

再びショーを見た後、ディナーへ。
2014.12.30q.jpg
このディナーバイキングが激しくうまかった。
インドネシアでの最後の食事に相応しかった。
真っ暗になってもゾウが見える。
2014.12.30r.jpg
ゾウが宿泊客たちをディナーの場所まで運んでくる。

ああ・・・・
楽しかったインドネシアの旅が終わってしまう。

ディナーを終えてほどなくしてトゥリスナタさんが迎えにきて、デンパサール空港まで送ってくれた。
夜のウブドは真っ暗で街灯もなかった。
やがてデンパサール空港に近づくにつれ、街がにぎやかになり、でもわたしたちはそのまま空港へ入って行く。

楽しかったわインドネシア。
トラウマ思い出したりいろいろあったけど、人生4度目の海外旅行は、今までのどの旅行にもかぶらない、素敵な旅行だった。
そらかぶらんわ。コモドオオトカゲに会いに行くとか、かぶらんわwwwww
だが。
次はかぶせてみせる!
などと気合いを入れつつ、
ありがとうインドネシア。
2014.12.30s.jpg
絶対もう1回行きたい。

完。
nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

コモド旅★4日目 バリ島へ戻ル [コモドドラゴン]

前回のあらすじ
コモド島を後にして淋しさに浸る間もなく、忘れた頃の災難に自分の貧弱さを連発で痛感することになり愕然としつつも、天蓋ベッドを前に気をよくして昼寝、夕食後またすぐに寝て、寝る子は育つを有限実行しつつ、シンプルな天蓋ベッドでちゃっかり岡田准一の夢を見るのであった。

◆2月16日◆
いい夢を見たので続きを見ようとして失敗。
起きて朝食を摂りにレストランへ向かうと、朝の景色も素晴らしかった。
2014.12.27a.jpg
ここのレストランは味はもうちょっとがんばって!と言いたくなるが雰囲気は素敵だった。
2014.12.27b.jpg

チェックアウトまでのんびり過ごす。
2014.12.27c.jpg
しかし隣の部屋なんかは完全にもう数日ここに住んでますよ的な感じが漂っていた。
24時間も滞在しない日本人のバカンスは外人から見るとせわしなく映るんだろうな。
ここのホテルにももっと滞在したかった。
インドネシアまできて4泊6日というのももしかしたら日本人独特の旅行日程なのかも知れない。
もっとゆっくりしたいと激しく思った。

ヴィンセントが迎えに来てくれたので、チェックアウトを済ませてこれからまたあのラブハンバジョー空港に向かう。
そこからバリ島へ戻る。
いよいよ旅が終盤に差し掛かってきた。

空港に到着する前に土産物屋に寄ってもらった。
2014.12.27d.jpg
ななななんちゅー素敵なオブジェ。
店に入る前からいい予感がしたけれど、店内はどれも安くてカワイイ雑貨がたくさんあった。
こんなことならほとんどをここで買っておけばよかったと思うほどだったが、持ち合わせは少ししかなく、コモド島でたいしてお金は使わないだろうと思い、アホのわたしはほとんどバリに置いてきてしまった。
残念すぎる。
とりあえず持ち合わせすべてここで使った。
いい買い物ができた。

そして再び到着ラブハンバジョー空港。
2014.12.27e.jpg
一瞬何なのかわからなかったが空港だった。

ここでヴィンセントとお別れ。
ありがとうヴィンセント。いっぱい迷惑というかご心配をおかけしてすまなかった。
そんな気持ちでいっぱいだがとりあえずサンキュー!としか言えない悲しさ。
また来たときもヴィンセントがガイドしてくれるといいな。
次はちゃんとインドネシア語でトゥリマカシー!(ありがとう)って言いたい。
シェフや船長にも言いたい。

2014.12.27f.jpg
出発ロビーには読めないけれどなんだか不安な顔マークが・・・・。
2014.12.27g.jpg
質素な出発ロビー。

搭乗案内があったので飛行機へ向かう。
2014.12.27h.jpg
相変わらずドキドキするプロペラ機。

コモド島へ行った人がよく画像に載せている写真と同じ看板。
2014.12.27i.jpg
てかこの後ろらへんにある立派な建物はいったい空港のどの部分になるのか知りたい。

さっき来たばかりなのにもう帰るのなー・・・・と淋しくなった。

淋しくなっているところへ帰りもきた機内食。
2014.12.27j.jpg
知ってるんだぜ。パンと水だろ?
と思いきや、サンドイッチが出てくるかも知れなくね?ありじゃね?などと思ったら
2014.12.27k.jpg
安定のパンと水だった。

行きは不安でいっぱいだったプロペラ機にも慣れたもので、安心しているうちにデンパサール空港へ到着。
帰ってきたよバリ島・・・・!

だがしかし、迎えのガイドがいない。
2014.12.27l.jpg
なんかもう肩あたりから怒りのオーラが噴出しているサナエさんwwwwwww
2014.12.27m.jpg
タクシーでホテルまで行こうかな・・・・などと考えていると、
テヘペロ☆ でおなじみのワヤンがテヘペロ☆の様子もなく登場。

2014.12.27n.jpg

おっせーーーわ!

この後、車でバリ島内の昼食処、土産物屋などに連れて行ってくれたが、観光客相手の値段だけが主張している何とも微妙なところだった。
ブレないワヤンクオリティさすがすぎた。
客のほとんどが日本人のスペアリブ屋、値段も日本のランチと変わらなかったしょぼーん。
観光バスがガンガン入ってくるちんこ型栓抜きとか売ってる大型土産物屋しょぼーん。

帰りにコンビニに寄ってもらい、すっかり気に入ったビンタンビールとつまみを買った。
もう早くホテルでゆっくりしたかった。
宿泊しているホテル、カインド・ヴィラ・ビンタンに到着。
ここでワヤンとはお別れ。
なんだろう、このヴィンセントと違う感じは・・・・・。
けど、あんなベタな、現実でコントみたいなことが起きるなんて思ってもみなかったわ。
サンキュー ワヤン。なんだか憎めなかったワヤン。
でも今度はちゃんとしたガイドだと嬉しい。

スーツケースの置いてあるホテルに到着。
2014.12.27o.jpg
ワヤンのコントが起きたロビーを通り、部屋へ。

部屋に入ると留守番していた薄汚れたなめことおになめこが出発したときのまま、薄汚れていた。
2014.12.27p.jpg
荷物も無事で、ほっと一安心。
ここから明日の昼にバリ王のガイドが迎えにくるまで自由行動。

とりあえずはバルコニーで一服しながらおつまみをつまみつつ、サナエさんとビンタンビールで乾杯。
コモド島の旅が終わった淋しさもあったけど、BBAのせいかここまで戻ってきたことにもホッとしていた。

18時頃にごはん食べに外に行ってみようかーと言うことになり、それまで好き勝手に動くことに。
わたしは2日前に川に浸かったドッロドロのスケッチャーズのシェイプアップスシューズを洗うことにした。
これ履いて大阪まで戻らないといけないのに、ぜんぜん乾いていない。
てか、汚れも微妙に落ちていないので解体できるところまで解体して再び洗うことに。
今気づいてよかったと思いつつ、ドライヤーを駆使してガンガン乾かした。
こんな素敵な異国の地で、この作業。残念すぎた。

その間、サナエさんはプールに行くのかしら?などと思っていたら、さすがに昼寝していた。
サナエさんにも疲れがあることが確認できたと思いきや、おそらくビールを飲んだからだと思う。
鋼の身体、おそるべし。
わたしは靴が乾いたのでベランダで南国植物が生い茂る庭を眺めながら、またもや音楽を聴きながらボヘー・・・っとしていた。至福。

18時頃、まだ外は明るい。
サナエさんが起きたので用意をして外へ出かけた。
ホテル近辺をフラフラ歩きつつ、個人商店の土産物屋なんかも見て歩く。
いくつか買い物をしたけれど、サナエさんがガンガンディスカウントしてくれるので凄く安くなった。
え、半値になるの?とびっくりしていたディスカウントがヘタなわたしにとってまるで魔法wwwww

夕食はワルン(地元の人が行くレストラン)に行くことにした。
2014.12.27q.jpg
すっかり暗くなり、お腹もほどよく空腹に。
2014.12.27r.jpg
バリ島最後の夕食はミーゴレン。
これでふたり合わせて1000円いかないとか。
安いし美味しいし大満足だった。
明日はいよいよ最終日。
楽しい時間はあっと言う間に終わって行く。

つづく。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。