So-net無料ブログ作成
検索選択

何度ありがとうと言っても言い足りない [リクガメ]

マチルダが今朝、スイカを食べてくれた。
2008.6.28a.JPG

ベランダから持ってきたコダカラベンケイソウも。
2008.6.28b.JPG
2008.6.28c.JPG

更には自分から歩いて行き、シロクローバーも。
2008.6.28d.JPG
↑右下の白っぽいのはトチエモンの頭。

嬉しくて朝から泣いた。
ありがとうって言いながら泣いた。


6/25の朝、マチルダの異変に気づいてから日にち単位でまとめ書いてみる。

6/25、病院から戻って目は閉じたまま。
鼻水が泡のようになってズルズルと出てくる。
点鼻薬を垂らすと更に大きな泡になって大量の鼻水が出た。
この日、目が開くことはなかった。
点鼻薬2回

6/26、朝になっても起きてこない。目を閉じたまま動かない。
持ち上げると鼻水で口まで濡れていた。
点鼻薬を垂らすと昨日と同様。
夜、少し動いたようでホットカーペットの位置からドア付近へ移動後、
トチエモンの尻の後ろで眠っていた。
なぜかその後、トチエモンが起きてホットカーペットへ移動してしまい、
ポツンと取り残されたマチルダをホットカーペットへ移動させると朝までそこで眠っていた。
何も食べないので水を置くも一切手をつけず。
点鼻薬4回

6/27、朝、自分からは起きてこず。鼻水が依然辛そう。
水を飲まないので短時間の温浴をさせてみた。
ごくごく飲む様子はなかったけれど、尿酸を出した。
鼻水でヌルヌルになった顔を洗ってみた。
洗っても部屋に戻るとすぐに鼻水でヌルヌルになる。
昨日よりは鼻水の量が減っている気がしないでもないけど相変わらず辛そう。
鼻をかむことができないことの何と辛いことか。
そう思ってブシュブシュと出てくる鼻水を見て閃いた。
鼻水を吸ってやればいいんじゃね?
夜、吸ってみた。
少し吸えた。(詳細は下記で)
点鼻薬4回

6/28、朝、自分からは起きてこず。
持ち上げると目が開いた。
閉じたときの目の腫れぼったさが少し引いている気がした。
鼻水は出てこないが鼻の下らへんが濡れていた。
スイカを出してきて床に置くと、じっと見つめた後、口を開いた。
食べた。
食べた・・・・・・・!!
ひとくちめの後も美味しそうに引き続き食べた。
水曜日からまったく何も食べておらず、火曜日も食べてない可能性が高いから、
およそ5日ぶりの食事。
嬉しくてベランダからコダカラベンケイソウを切って洗って持っていくと、
それも食べた。
わたしが号泣しながら、ベランダでグラパラリーフを切ろうとしていると、
勝手にトチエモンが食事中のシロクローバーのところへ歩いて行き、
シロクローバーを食べ始めた。
3、4枚食べて満足そうだったので、点鼻薬を垂らすと少し鼻水が出た。
ホットカーペットの上に移動させる。
目を開けてじっとしていた。


こうして日ごとに書いてみると日々少しずつ好転しているような気もするけれど、
その時はマチルダが辛そうなため、好転しているようには思えなかった。
実感した好転は今朝になってからだった。

鼻水を吸うについては、子育て経験のある方ならご存知のコレを使った。
2008.6.28e.JPG
↑お口で吸える鼻すい器 「ママ鼻水トッテ」 

西松屋にて購入。¥798ナリ。
甥っこがまだ赤子の頃、妹がなんぞ器具を使って甥っこの鼻水を吸っている
のが非常に衝撃的で記憶に残っていた。
妹からすれば、カメに使っているわたしの方が数倍衝撃的だと思われる。
一方の管の先を自分の口に入れ、もう一方の管の先(柔らかく作ってある)を
マチルダの鼻の穴にあてる。
わたしが息を吸うとマチルダの鼻水を吸引できるしくみ。
吸引した鼻水はわたしの口に流れてくることはなく、黄色いフタの瓶の中に納まるようになっている。
ズルズルと小気味よい音と共にマチルダの鼻水が出てきた。
下の瓶の部分に入るほどではなかったけれど、管の中にネバネバの鼻水が少し溜まった。
たまたま翌日から鼻水の量が目に見えて減ったけれど、
これは点鼻薬が効いてきたからかも。
もっと早く吸い出し案を思いつけばよかった。


マチルダの辛い顔を見ていると精神的にかなり辛かった。
自責の念で毎晩泣いた。
みなさんの暖かいコメントがありがたかった。

そしてコイツ。
2008.6.28f.JPG
↑破壊とウン子のトチエモン。

どれだけ泣きはらしても、寝不足でも、朝からウン子こいてメシを激しく要求してたトチエモン。
落ち込んでいられない・・・
落ち込んでいたらトチエモンにごはんをあげられない・・・
そんな思いでごはんをあげると、相変わらずの爆食。

『早くマチルダも一緒に並んで食べられるようになりますように』

と、爆食中のトチエモンを見て、一緒に食べるマチルダを想像したりしていた。
冬には抜きまくっていたホットカーペットのコンセントを一度も抜かなかったトチエモン。
偶然だろうけど、なんか心が暖かくなった。

ここを見てくれてマチルダを心配してくださったみなさんに、
いつもと変わらずいてくれたトチエモンに、
そしてがんばってくれたマチルダに、
心から、ありがとうと何度言っても言い足りない。
今日の、マチルダが食べた嬉しさをずっとずっと忘れずに、
これからもずっとずっとずっと一緒にられるように、
楽しいブログをお届けできるように、がんばります。

本当にありがとう。
2008.6.28g.JPG
nice!(1)  コメント(26) 

失格。 [リクガメ]

昨日、朝起きていつものようにごはんを出すと、
いつまでたってもマチルダが起きてこない。

この寝ぼすけめ・・・!(・∀・)9

と、マチルダを持ち上げてごはんの前へ。
そしてトチエモン記念日のこだまスイカを出してきて置いてみた。
2008.6.26b.JPG
↑興味深々どころの話ではないほどに興味深々すぎるトチエモン。

「ドコカラ食うタロカ」
と言わんばかりのトチエモンと対照的に、まったく見向きもしないマチルダ氏。
この後、スイカを切って出すと、目を剥いて走ってくるトチエモンはいいとして、
マチルダ氏はこのままだった。
スイカの前に移動させてもそのまま。
動かない。

あれ?
と思ってマチルダを持ち上げて顔を見ると、鼻からネバネバの鼻水が垂れて
鼻ちょうちんがプゥーと大きく膨らんだ。

・・・・・あ。

思い返せば月曜日のお見合いの日。
雨の降る中帰宅したわたしは、家に着くとマチルダを部屋へ連れて行った。
マチルダは、たったかたったか走り回った後、寝たようだった。
カラダが冷えたまま。

前回はちゃんとあったかいお風呂に入れてから部屋へ連れて行ったのに・・・。
しかも、公園で散歩中、マチルダはなんかズチュズチュ音を出していた。
もうあの時から少しおかしかったはずだ。
けれど公園でもモリモリ食べるし、元気なマチルダに甘えて、わたしは温めてやることをしなかった。
カラダが冷えたまま寝たことによって、食事もいらなくなるほどに、いっきに容態が悪化したんだと思う。

昨日、慌てて病院へ連れて行った。
移動中もいつもの元気がないマチルダ。
わたしは肺炎かも知れない・・・と思っていた。
レントゲンを撮ってもらうと、肺には異常なく、キレイだった。
鼻水を取り除いてやって、様子を見ることになった。
点滴と注射をされ、ハコガメ状態のマチルダ。
痛かったよな・・・ごめん。
2、3日様子を見て改善がないようなら、鼻水を培養して調べておくので、
また違う薬を考えますとのこと。

点鼻薬をもらい、家に帰った。
ごめんよ・・・寒かったよな。ほんとごめん。
マチルダに何度あやまっても遅い。

今朝も鼻水は出ていた。
元気なときのように、おなかすいたぜーと起きてはこない。
辛そうに、苦しそうに、ずっと眠っていた。
スイカを目の前に置いてみると、首を出して目を開き、匂いを嗅いでいた。
けど食べなかった。

あああ・・・お見合いの前に、二世の前に、まずマチルダなのに・・・。
ずっとずっと健康でいてくれていたのに・・・
飼い主失格だよ・・・。
何度あやまっても元気なマチルダはすぐには戻らない。

スイカがたくさん食べられるように、
また美味しそうに大口開けて食べられるように、
全力で治るために尽力するから。
だからマチルダもがんばって。
辛いだろうけど、がんばってね。
ほんと、ごめんな・・・。
2008.6.26a.JPG
nice!(1)  コメント(14) 

ケヅメ懸賞首 [リクガメ]

ルーファス姐さんとマチルダ氏のお見合い第6回目。
今回は晴れてたらトチエモンも連れてくかなァ・・・
けど予報は雨なんだよなァ・・・
どーーーっすかなァ・・・・・・・・・・・・。
そんなことを数日前から考えていた。
が。

土日2日連続で某ライヴを見るために、友人と徳島まで出かけていたわたしは、
年甲斐もなく2年ぶりのライヴに、はしゃぎすぎた。
ライヴでぴょんぴょん飛びまくった上に、土曜日は興奮して眠れず。(おばちゃん自重wwwww)
友人と語り明かし、寝たのは朝8時。(もうおまえいい加減にしろと)
ちなみにホテルチェックアウトは11時だった。
そしてそのまま2日目のライヴへ。
更にライヴ終了後、そのまま徳島から大阪へ車で帰った。

そんなわたしに翌日体力が残っているはずもなく。
それでもベランダから雨の降っていない空を見上げて、

(・・・前にトチエモンが公園に行ったの、先月だったよな。)
(・・・すごく楽しそうだったな。)
(・・・トチエモン、公園に行きたいだろうな。)

と、トチエモンを公園に連れて行ってやりたいと思った。
全身筋肉痛のカラダを引きずりながらベランダから部屋に戻り、
少し横になり、ちょっと考えて、とりあえずトチエモンの様子を見て考えることにした。

で。
リビングのドアを開けて目に飛び込んだ光景がコレ。
はいきたドン。

2008.6.24a.jpg
ラーラーラー
2008.6.24b.JPG
ララーラー
2008.6.24c.JPG
ことーばーにー
2008.6.24d.JPG
できーないー
2008.6.24e.JPG
↑3年前、トチエモンに襲われたアロエの若貴君を彷彿とさせるハイビスカス。

さっきベランダを閉めたときに、大丈夫だろうと思いカギをかけず部屋に戻った。
古いマンションなので重いベランダの戸に安心していたが、
トチエモンはスラリと開けたのだろう、
開いた戸の向こうに咲き誇るハイビスカスや、コダカラベンケイソウなどを一網打尽。
わたしが発見したときは、とりあえず食い散らかしたものの、
他に何かないか散策しているところだった。

火事場のクソヂカラ発揮でトチエモンを持ち上げ部屋の中へ投げ入れ(なんという上手投げ)
わたしは荒らされたベランダのことなんかよりもっともっともっと重要なことに震え上がった。

マチルダがいない。

部屋のどこにも見当たらない。
ベランダのどこにもいない。

NOパンツでスケスケセクシースリップ1枚という全く無意味なセクシー姿、
セクシーどころかむしろテロ。そんな姿だったわたしは、己の姿もかえりみず、
両隣のベランダをのぞきこみ、ベランダの床に這いつくばり、仕切り戸の下から
隣のベランダをのぞきこむという、どこから見ても立派な変態ですありがとうございました。
的な行為を数回繰り返すも、マチルダ氏の姿は見えず。
手はガタガタ震え、どうしよう・・・どうしよう・・・と念仏のように唱えながらNOパンツで立ち尽くす。

しかし過去2回の、
【ベランダ開いていた→マチルダいない→騒ぎまくったあげく部屋のどこかにいたマチルダ氏】
このコンボを思い出し、冷静に部屋の隅から隅まで探してみることに。
すると、部屋の端っこのフローリングカーペットの下が盛り上がっており。
めくるとマチルダ氏がぐうぐう眠っていた。

・・・ああ。
よかった・・・。

わたしはへなへなとその場に座り込んだ。
座り込んだ下にはトチエモンのウン子が置いてあった。
orz...


で。
コイツ。
2008.6.24f.JPG
↑1億ベリー。

!!!!(#゚Д゚)9
(#゚Д゚)9 おまいは今日もお留守番ですよ!!!!!
と、わたしは風呂あがりの全裸体仁王立ちでトチエモンにビシッと言い放ち、
ちゃっちゃと出かける用意をしてマチルダ氏だけを連れて家を出た。

公園に着く途中でkajikajiさんと助手のFさんに遭遇。
今日もルーファス姐さんは食うわ食うわ、大変お元気な様子。
生い茂ったシロクローバーに囲まれながら、マチルダ氏もそんな姐さんにアピールする。
先ほどまでの、
『荒れたベランダ、パニクるノーパンの女、賞金首のケヅメリクガメ』
そんな泥沼劇場など吹き飛ぶかのような爽やかな光景。

2008.6.24g.JPG
トゥートゥートゥー 
2008.6.24h.JPG
 マシェリ
2008.6.24i.JPG
  マシェーリー♪

少し気温も低かったせいか、前回よりも更に積極的なマチルダ氏だったけれど、合体には及ばず。
kajikajiさんと相談した結果、もうすぐ7月だし、次回ダメなら一緒に住ませてみましょうと言うことに。
となると、どちらかが預かる、ということになるわけだけれど、
うちには賞金首(1億ベリーの)がいるので、いきなりルーファスちゃんをそこに放り込むのもどうかと思うので、
まずはうちのマチルダ氏がkajikajiさん宅にお世話になることに。
その後、2週間ほどして合体の様子が見受けられないようなら、わたしがルーファスちゃんを預かる、ということに。
わたしが預かるときは、もちろん仕事が休みの連休を狙って預かりマス。
じゃないとルーファス姐さんが激しく心配デス。

しばらく様子を見るも、気温が低すぎるので少し早めに撤収することに。
ちょうど撤収前、

「コラ!ルーーーファス!」

とkajikajiさんの声が聞こえたので、どうしたのかと思ったら、
マチルダ氏の顔面の前にウン子を産むという、なんという女王ルーファス姐さん・・・!笑
なんだか会うたびに姐さんのことが好きになります。
姐さんとマチルダの仔、本当に見てみたい・・・!

女王体質ルーファス姐さんが見れるkajikajiさんのブログはコチラ!
星模様なやつら☆☆☆
http://blogs.yahoo.co.jp/kajikaji_0202

---------------------------------------------------------------------------
kajikajiさん、Fさん、お疲れさまでした!
今回もトチエモンにチコリ、わたしにはおやつをお土産にくださって本当にいつもありがとうございます!
いつものお礼に徳島のお土産を配ってみましたが、その恩恵にまったく追いつきません(ノ~`)
チコリもおやつももう既に食べてしまってありませんが(カメも人も早すぎる件)どれもすごく美味しかったです!
次回の予定、また近々にメールしますのでよろしくお願いいたします(・∀・)ゝ
nice!(0)  コメント(10) 

たまご祭2008 [クサガメ]

去年に引き続き、実家にて。
はい出たドン。
2008.6.20a.JPG
↑並べてみた。

今年もどちらが産んだのかわからぬ。
おまいらタマゴに名前書いとk

ママンに、数日前からあまりごはんを食べないと聞いていたので、
今年も産むつもりだな・・・と思っていたけれど。
去年と同じ6月にプリプリ産んだ。

ママンも去年とはうって変わって落ち着いたもんで、
「やっぱり産んだわー今年も。」
と冷静な電話がかかってきた。

無精卵とは言え産後の肥立ちもあるだろうて・・・と、
生レバーを持って実家へ。

おまいら!元気ですかー!!!!!
2008.6.20f.JPG
↑テラ元気wwwwwwwwwwwwwww

が。
よく見るとタライに何か浮いていた。
黒っぽい、こぶし大の何か。
・・・・?

一瞬、ミルやんかアリ夫の体の一部がもげて浮いているのかと思った。
けど元気だし違う。
何・・・・・・?

勇気リンリンで浮いているそれをひっくり返してみると、
それは死んだ小鳥だった。


ぎゃああああああああああああああああああああ・・・・・!


なぜ・・・なぜタライの中で小鳥が死んでますカ・・・!
何があったとですか・・・!
おまいら!教えてください!!

2008.6.20e.JPG
↑事件が起きた現場。(小鳥の死骸の撮影は自重しました)

とりあえず。
ママンが第一発見者じゃなくてよかった・・・。
うちのママンは鳥が大嫌いでダイキライでだいきらいで。
料理も一切受け付けない。
幼少の頃に田舎にて鶏を絞めるところを目の当たりにしてしまったらしく、
それ以来、味覚などに関係なく、一切鶏料理が食べられない。
にわとり、かも、ガチョウ、全部だめらしい。
生きている小鳥なんかも嫌いらしい。
なのでこんなの見つけたら、卒倒するところだった。
あぶねー あぶねー。

一瞬、ミルやんとアリ夫が襲って食ったのか?
と思ったけど、死骸に外傷らしきものはなかった。
なんだろうなァ・・・ ちょう気になる。
しかしいくら考えたところで、名探偵コナンの犯人すら一度も
当てられたことのない脳の弱いわたしが考えても時間の無駄だ。

まァ、とりあえず、おまいら産卵おつかれさまでした。
レバ刺しっす。どうぞ。
残りはわたしの酒の肴だからちゃんと残すんだ!

2008.6.20c.JPG
↑ミルやん上!上!!

やー・・・おまいら見てると心が和むわ・・・。
リクガメもカワイイがヌマガメもどうしてなかなか。
そのマヌケ面の魚眼も素敵っす。
あ、ミルやんは5/3で9周年だった!
忘れてた!(ノ∀`)
よーしこのレバ刺し、誕生日プレゼントも兼ねてくれ!(あんまりな飼い主)

2008.6.20b.JPG
↑そのうっとりした顔やめれwwwwwww

レバーを3枚分ほどペロリと食ったミルやん。
が、しかし。
3クチほど食べた後、無駄に暴れて食べようとしないアリ夫。
アリ夫・・・もしかしておまえの祭はまだ始まってないんですか?

2008.6.20d.JPG
↑どことなくどんよりしたアリ夫

ぬーん・・・。
てことはこの卵はミルやん産なのか?
おまいらはいつも謎だらけだよ・・・・・。

冬眠から覚めたと思えば卵を抱え、
クサガメも女は大変ですな。
また美味しいもの持ってくるので、元気でいてくれよな。
nice!(0)  コメント(8) 

勇気出して量ってみた [リクガメ]

こーしーがきーついーよー 
  トーチエーモンーーーー♪

そんな鼻唄(自作)が飛び出る毎日。
前々から量ろう、量ってみようと思っていたトチエモンの重さを、
量ってみた。

まずは実家から八百屋用の量りを持ってくることから始めないといけないと言うこのしんどさ。
いきなり出鼻をくじかれ、測量を2週間放置。
いやいやいやいや、量ろうよ。
がんばろうよわたし。

やっとこさ持ってきた八百屋用の量りにトチエモンを乗せる。
が。
重くてうまく乗せられない。

ちょwwwwwwwwwwwww
おまwwwwwwwwwどんだkwwwwwwwwwwwww

申し訳ないが機嫌よく食事のところを襲ってみた。
ひっくり返してもまだなおクチをクッチャクッチャと動かすトチエモンすげえ。
とお!
ずどーーーーーん!
2008.6.18a.JPG
↑21.5kg(もはや背景等が汚いのは仕様です。)

ぬお?!
これは正直・・・少ないと思った。
だって・・・だってだって・・・。
21.5kgでこんなに重かったら、これから先どうなるんすか。
陸雄さんの40kgとかまじちょwwwwwwwww
まいったなァ・・・アハハ(遠い目)

次はマチルダ氏。
とう!
ポスーーーン
2008.6.18b.JPG
↑950g(台に映るマチルダ氏の寝起きの迷惑そうな顔をご堪能ください)

おおおおお。
ちょっと増えたじゃまいかマチルダ氏!!!
モリモリ食べてるもんねえ。
たまに、マチルダ氏が起きてきた時には、
ごはんが無くなってるときもあるけど。(ひどいご家庭)
寝ぼすけのマチルダ氏。
ちなみにうちで朝6時から元気なのはトチエモンだけ。

まァ・・・どっちも元気に増えててよかった。
てゆーか。
10日もってた3kgのシロクローバーが、
7日でなくなるようになったのは仕様ですか?
トチエモンの食費の方が完全にわたしより高いのも仕様ですか?(涙目)

そんなことを思った今日、
トチエモンがうちに来て丸7年経ちました。
7年かァ。
いろいろあったすなァ。
今日はバイトの帰り、トチエモンの好きそうなものを買って帰ろう。
nice!(0)  コメント(16) 

ふろエモン [リクガメ]

朝7:20。
目が覚めてリビングへ行くと、めずらしくトチエモンは目覚めたばかりの様子で、
部屋の隅っこで大あくびをしていた。
いつもならこの時間にはすでにウン子が産まれており、
部屋のどこかにドカリと転がっているカオスwwwwwな光景が広がっている。
ちなみに昨日は、洗いたてのカーペット5枚になすりつけられていた。
(#´、ゝ`)朝からイラッときた。

今朝は朝イチウン子もなく平和な朝。
マチルダ氏はお腹が空いているのかウロウロしている。
彼らに朝食を置いて、わたしも朝食を摂る。
けどこれ食べながら「ブリリ」とかするんだろうなァ・・・と、
自らの朝食中にもかかわらず、ウン子な予想を立てる自分に鬱。

たまに思う。
もはやわたしの目には彼らのウン子はウンコに見えていないのではないか。
ウン子とはウン子であってウンコではない、つまりウン子=糞ではないのではないか。
素手で触るのも躊躇なし、食事をしながらウン子を見ても平常心。
果ては食事中にウン子を片付けることさえ厭わない。
もしかしてわたしはいつの間にか、ウン子仙人に近づいているのでは・・・!

・・・すいません。調子に乗りました。
食事中の方、すいません。(今更遅すぎる件)
ちなみに甥っこのウンコとかは全くダメです。(まだ言うか)

わたしの予想は空振りし、トチエモンの尻からは「ブリリ」も「ジャー」も聞こえなかった。
朝食が終わり、ドカドカと部屋を歩きまわるトチエモン。
「ウン子まだー?」
と、トチエモンに問いかけるも、ドカドカと歩きまわるのみ。
イヤな予感がした。

こいつ、わたしが仕事に行く直前を狙うつもりだ・・・!(もはや戦い)

そうはさせねえぜ!
と先手を打つことに。
あまりの重さに久しくご無沙汰していた風呂にトチエモンを連れて行く。
お、重い・・・まるで石臼じゃねーかwwwww
浴槽に入れ、お湯をかけると胃袋が満たされているせいか、気持ちよさそうなトチエモン。
すると、ウン子がにょろりとコンニチハ。
作戦(・∀・)成功

次いで小気味よい音と共に、大量のしっこがジャー。
部屋だと恐怖の音も、水で簡単に流せる場所だと気持ちのいい轟音だから不思議。
お湯を入れると更に気持ちよさそうなトチエモン。
腹が減ってると暴れ倒すのにな。
2008.6.13b.JPG
↑機嫌よさげな顔。

しかし。
でかくなったなァ・・・。
と、改めて思う。
久しぶりに風呂に入れるせいか?
2008.6.13a.JPG
↑どう見てもデカイ気がする。

ぬーん。
2007年1月の風呂の画像があったので比べてみる。
6177604.jpg
↑・・・・・・・。

でかくなってる・・・。
すっげでかくなってる・・・。
ちょうでかくなってるじゃないか!!
17ヶ月でこの成長。
今これをご覧の45センチ以下のケヅメとお暮らしの皆様、
45センチを超えてなお、この成長力と成長速度です。
お楽しみに!!(ちょう笑顔で)

そしてまだ甲羅に出ている成長線。
トチエモン・・・おそるべし。
嗚呼・・・庭欲しい。(切実)

永遠の18センチマチルダ氏は洗面台で十分。
2008.6.13c.JPG
↑ちゃぷちゃぷ

かわいくちゃぷちゃぷしているが、甲羅にべったりウン子が張り付いていた。
ウン子の上で座っちゃいましたかマチルダ氏。
ウン子座りの達人ですか?
達人と書いてマスターと読みますかマチルダ氏。

風呂上りにキュウリをあげて家を出た。
はー。
天気もいいし、今日が仕事休みだったら幸せなのにな。
こんな天気のいい日は、おまいらと1日ごろごろしたいですよ。
nice!(0)  コメント(16) 

培った経験は無駄じゃねー [リクガメ]

ルーファス姐さんとマチルダ氏のお見合い第5回目。
今回は雨の予報なので、久しぶりにギャラリーなしのガチ見合い。
リビングで半寝のマチルダ氏を呼びに行くと、爆睡中のトチエモンがドスドスと突進してきた。

いや・・・今日はおまいはお留守番ですので・・・。
ほら、キャリーケース出してねーでしょ?

言葉が通じるわけはなく、足を踏んできやがる。
イテテテテテ・・・
だからメシねーつってんだよ!イタタタタ・・・

野草摘んでくるから楽しみに待っててくれよな!

と、一方的にトチエモンに別れを告げ、
無理矢理マチルダ氏だけを抱え、出発。

いつもいつもkajikajiさんにはカメに野草、サヨにお菓子といただきっぱなしなので、
たこ焼きを買ってみた。
今日はトチエモンもいないし、ルーファス姐さんとマチルダ氏も囲いの中での見合いだし、
わたしたちもゆっくりできるかもなァと思い、レジャーシートもついでに買い、合体作戦初の、

ピクニック気分de合体待ち☆

を試みることに。(タイトルがほんのり下品な香りがする件)
到着すると1番乗りだったので、マチルダ氏を放牧後、レジャーシートを広げてみる。
シートに座ってマチルダ氏を眺めてみる。
2008.6.10b.JPG
↑放牧マチルダ氏。

イイネイイネ

2008.6.10a.JPG
↑いやー・・・おまいは本当に男前ですね。(久々の親バカ炸裂)

ここでうっかり携帯からの忠告が。
【充電が少なくなりました。カメラは使えません。】
ぎゃーーーーーーーーーーーーーーす!!!
ノド元過ぎればなんとやら。
同じ過ちを何度も繰り返すバカな女、サヨ。

以下の画像はkajikajiさんのブログでお楽しみください(ノД`)

しばらくするとkajikajiさんご一行登場。
すると、ルーファス姐さん、早くも移動中に立派なウン子を2発ほど。
ちょwww姐さんwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

柵で囲んで姐さんとマチルダ氏を放牧。
今日のマチルダ氏は一味違う・・・!
いつもに増して、最強にしつこいマチルダ氏!
後ろから追いかけて、前に回りこんで姐さんの極悪フェイスを覗き込む。
その姿はもはやセクハラ。
セクハラマチルダ氏。
がんばれセクハラマチルダ氏・・・・!(ロクな呼び名がない件)

ルーファス姐さんはと言うと、食う食う食う・・・!
ウン子出したせいか食いまくりwwwww
姐さん、マチルダ氏のセクハラに気づいてあげてwwwwww
というかルーファス姐さん。
なんとなくトチエモン化している気がするのは気のせいですか?(;´ー`)

そのトチエモン。
Fさんが、ぽつりと、
「今日は相棒がいないので暇です」
と。
そうなのだ。
Fさんにはいつもトチエモンのお世話(主に遠くへ行ったトチエモンを抱えて戻す作業)
をしていただいている。
話しかけてくる人々にトチエモンについての説明をするFさんはどこから見ても、
飼い主以外の何ものでもないほどに(・∀・)(ちゃんとオマエが説明しろとwwwww)
そのトチエモンがいないため、Fさんにも優雅な時間が流れていた。
(いつもいつも本当にありがとうございます)
おまけにルーファス姐さんとマチルダ氏も囲いの中。
神経を使うこともなく、ゆるゆると時間は流れる。

食べるルーファス姐さん、おいかけるマチルダ氏。
Fさんはルーファス産ウン子が付いたアービィー君のタオル(ややこしすw)を洗いに行った後、シートの上でうとうとお昼寝(´ー`)
kajikajiさんとわたしは、眠りの番人と化しているFさんに2匹を任せ、それぞれ野草狩りへ。
なんともゆったりまったりした時間。

野草確保後、2匹の元へ戻ると。
姐さんがマチルダ氏を踏んづけて方向転換していた。
ちょwww姐さんwwwwwwwww
「コラ!ルーファス!」
と注意するkajikajiさんの横で、
「あー、マチルダはドMプレイはお手のモノなので大丈夫ですアハハ」
と返答するサヨ。

アハハじゃねーよwwwwwwwwww

けれどマチルダ氏、対トチエモンで培ったドMの境地をフルパワーで発揮。
姐さんに踏みつけられ、上に乗られてもスルリとかわし、
スルスルスルと姐さんの前に体を寄せる。

ちょwwwwwなんという業師wwwwwwwwwwwwwwwwww

そのままノッチマイナヨ!YOU!ノッチマイナYO!
しかしまだまだマグナムは出せないのか、マチルダ氏はずっとジェントルだった。
(飼い主がまったくレディースではない件)

ふと。
雨が降らない。
けど降りそうですね?
ほんとだ、降りそうですよね!
そんな会話をしていた10分後、雷鳴が轟き、

雷雨でどしゃぶりwwwwwwwwwwwwwww
ちょwww雨が、雨が肌に当たると痛いwwwwwwwwwwww

しばらく様子を見ていたが、いくら雨好きのホシガメでもこれは辛いだろうと、撤収することに。
本日の見合い、雷雨のため、中止(ノ~`)

わたしたちが期待していたのは、こんなどしゃ降りの嵐ではなく・・・
ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん☆的な・・・
そんな雨を期待していたとです(;´Д`)

ずぶ濡れで家に帰ると、すぐにマチルダ氏を暖かい風呂に入れ。
自分もシャワーを浴びて冷えを取る。
kajikajiさんにいただいた桑の葉とヤブガラシ、公園で摘んでみたハコベとクズをタライに入れ、水を入れた。
マチルダ氏を拭きながらリビングへ戻ると、昼寝してたトチエモンがよっこらしょと起き上がり、突進してきた。

ちょwwwwwwお土産は明日の朝・・・ってイタイイタイイタイ・・・・

再び足を踏まれ、仕方なく、ちょっとだけよ・・・と桑の葉などをあげたが最後。
牛のように暴れまくり、
「モットヨコセコラ」
と、つきまとう。
こんなときのトチエモンは目が怖い。
もう少しやったけれどキリがないので自室に逃げた。(ダメな飼い主)
隣から、ドコドコと壁を叩く音が聞こえたけど、しばらくすると音が止まった。
ヨシヨシ。
最近のトチエモンは暴れると激しいが、あきらめるのが早くなった。
もうすぐ日が暮れて、完全に寝るだろうて。
おやすみトチエモン(*´ー`)

マチルダ氏、ご苦労さま。
今日のおまえのスルスルスルーは、まるで社交ダンスの如くでしたよ(´∀`)
今日はわたし、おまいが人間に変身して(玉木宏ふう)一緒に踊る夢でも見たい気分ですよ。(乙女すぎる件)
おやすみマチルダ氏(*´ー`)

そんなことを思いながらベッドで横になっていたら、18時からのバイトに遅刻した。
orz... 

---------------------------------------------------------------------------
kajikajiさん、Fさん、お疲れさまでした!
雨のどさくさに紛れていろいろ荷物を積んでたら、お菓子も入ってました(ノρ`)
勝手に持って帰ってきてしまいましたよすいません(;´ρ`)
いつもの通り、いただきものの葉類は大好評でした!
今朝、あげたのですが今回もそっこーでなくなりました、笑
いつもいつも本当にありがとうございます!
次回、6/23、晴れてキャリーバッグに入るようでしたらFさんの相棒、
トチエモンも連れて行きますのでまたよろしくお願いいたします(・∀・)ゝ

ウン子女王ルーファスちゃんが見れるkajikajiさんのブログはコチラ!
星模様なやつら☆☆☆
http://blogs.yahoo.co.jp/kajikaji_0202
nice!(0)  コメント(6) 

神奈川スローロリス行方不明の件 [その他]

保護されたようなので記事削除しました。
かわいそうなスローロリスが幸せになりますよう、お祈りいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。