So-net無料ブログ作成
検索選択

雨降って地固まる [クサガメ&リクガメ]

派遣社員としての初仕事、3日間のピンチヒッターとして、
オフィスカジュアルに身を包み、オフィス街の30階建てのビルの中にあるオフィスに行ってきた。
30階建ての19階とか意味わからん・・・
意味わからんよおおおおおおおおおおおおお
などとテンパりながらも1日目を終了。
ところが優しい社員の方々や、社内の雰囲気などでリラックスさせてもらい、
仕事も課長から依頼されたものを集計したり表にまとめたりの簡単なもので困ることもなく、
3日目には、

このままここにちょういたい。

などと思うほどに、凄くいい会社だった。
だがそこは今年いっぱいは仕事運がダメと占い師にも太鼓判を押されている悲しきサヨ。
3日目の24日の午後、派遣会社から電話があり、
「病欠の人が明日から出てこれるらしいので」
とのことで思い虚しく予定通り、わたしは3日間で契約終了となった。

退社のとき、担当課長や同じ部の女性の方から感謝の言葉をいただき、
派遣会社の担当さんからも、
急で勝手なお願いを引き受けてくださりありがとうございますとの言葉をいただき、
なんだかいいことをした気分になって、白ワインを買って帰った。
労働の後のお酒は格別に美味しいことを思い出した。

前回正社員で就職して2ヶ月で辞めたニャーの会社ですっかり自信を失くして以来、
正直自分はもうダメだと思っていた。
失業保険をもらいながら、仕事を探してもあの会社でのことが頭をよぎって、
どうせわたしなんて役に立てないのだと消極的になっていた。
きっとわたしのスキルでは派遣社員も勤まらないと思っていた。
そんな自分があんなに楽しく仕事ができたことが嬉しかった。

また派遣会社から紹介が来るまで無職の日々。
嬉しいはずなのに、ちょっとがっかりしている自分が不思議な今日この頃。
自分の中で何かが前進したのかな。

・・・などと前進したかと思いきや、翌々日の26日の金曜日、
PSPを持って甥っこと共に鯛子さんちに即遊びに行くわたし。
無職イエエェェェエエイ(´∀`)
とか思ってるんじゃないかと小一時間自分に説教しつつ、
心の底からモンハンを楽しんで帰った翌日、人生初体験が起きた。
↓ 初体験の図その1。
2011.8.28a.JPG
↓ 初体験の図その2。
2011.8.28b.JPG

なにこれえええええええええええええ
自宅の前の道路が冠水してるとか何これえええええええええあああ

これはちょっと落ち着いてから撮った画像なのでだいぶん水が引いている。
これより少し前、まだ10センチほど水位が高かったとき、
パピィが、

「後学のためにおまえちょっとその辺を見て歩いてこい」

などと言うのでわたしは素直に自宅の前に出てみた。
玄関を開けて2段の階段を降りて家の前の道路に出ると、
膝のちょい下近くまで水に浸かって非常に歩きにくい。
2軒隣のお宅は玄関に浸水したようでご主人がステテコ1枚で水と戦っていた。
ステテコが水に濡れてセクシーすぎるご主人。

ご主人、尻が!
尻が見えてるよご主人・・・・!
ご主人・・・!前向いちゃ、らめええええええええあああああ
わたしは膝下まで水に浸かったまま、心のモザイクをかけた。

こうして近所を見渡すと、どうやらわたしの自宅付近は土地が少し低くなっているようで、
雨水が全部高い方からこちら側に流れてきていた。
うちの家の前はこんな状態なのに、直線で20mほど南西のマンホールからは、
噴水のように地面に水が噴出している。
うちの家は近所の中でもなにげに低い位置に建っていて、
こんな集中豪雨が降ると非常に危険な一帯だと言うことがわかった。
うちは家を建て直した際、床を高くして建てたので今回玄関に浸水することはなかったが、
前の家なら床が道路に面していたので絶対に浸水していた。
前前からパピィに聞かされていたとは言え、まさに百聞は一見にしかず。
2軒隣のご主人の濡れたステテコのことは忘れたいが、
この日の冠水の状況は忘れないでいようと思う。

そんな集中豪雨の翌日、
大雨の中、共に雨をしのぎあった仲になったのかなんなのか、
2011.8.28c.JPG
すっかりクッサーズに打ち解けているマチルダ氏の姿が。
ちょ、おまwwwwww

レンガを降りる姿もなにげに、
2011.8.28d.JPG
クサガメ風。
ちなみにマチルダ氏は大雨の間もちょこちょこベランダを言ったり来たりしていて、
なんだか楽しげな感じだった。
クッサーズはタライでボッーとしていた。(どちらもまったく雨をしのいでいない件)

そしてトチエモンに群がるクッサーズ。
2011.8.28e.JPG
おまえらリクガメ気取りですか?
今にもクローバーを食べそうなミルやん。

トチエモンは大雨の間、ずっと部屋にいて暴れていた。
何かを予兆していたのか・・・
いや、ただ単に腹が減っていただけだと思う。

テレビでは何度も見た水害。
実際、自分の家の前が冠水すると思考が停止してしまった。
とりあえずこの先、1階のガレージ部分を庭にすることはあっても、
そこにクッサーズの池を作ったりすることは絶対にしないでおこうと思った。
nice!(1)  コメント(14) 
共通テーマ:ペット

掘り詰める [カタツムリ]

盆休み盆休み、と毎日盆休みのくせして盆休み気分でゴロゴロしていた8月18日。
派遣会社から電話があり、何かと思いきや、まさかの仕事紹介の電話だった。
盆前に話しがポシャッたばかりなのにもう次の・・・!?と思った。(働く気あるのかと)

来週頭から3日ほどの短期の経理の仕事のピンチヒッター。
病欠の派遣会社の人の代わりに行くので、とりあえず3日間とのこと。
ただ、病状がよくわからずいつまで休むかはっきりしていないので、
就業期間が延期されることもあるとのこと。

3日間ならおkkkwwwwww

と思って快諾したものの、よくよく考えるとかなりの即戦力が期待されると思われる。
1年も勘定科目を眺めていないわたしにできるのか不安になり、
派遣の営業担当者に不安を訴えるも、明るく背中を押されてしまった。
きっとこんな急な話&期間不安定な仕事なので他に頼める人がいないのだろう、
今回はスゴ腕簿記2級者が現れることもなく、わたしに決まってしまった。

不安は満載だがこちらもいい加減どこかでリハビリをしなくては、
就業から半年も離れているわけだし、断ってばかりいても仕事も回ってこないと思われる。
登録した後、紹介された仕事をこなして実績を積んでいかないと紹介件数も確実に減って行くだろう。
かといってこの3日間、派遣先でまったくの役立たずだったら、

こいつ使えねえwwwwwww

という烙印を押されてしまって仕事は来ないであろう。
ううう・・・。
さんざん葛藤した上、どうせ仕事が来ないなら烙印押してもらった方が諦めがつく。
ってことで、わたしに決まったところで覚悟をして行くことにした。

「服はオフィスカジュアルで結構ですので。」

などと言われたので立地の雰囲気がどんな感じなのか激しく不安になり、
事前に一昨日、派遣先の会社のビル付近に下見に行ってみた。
わたしはオフィス街で働いたことがない。
若い頃に梅田近辺で働いていたこともあったけれど、
近辺と言えどかなり梅田近辺の外れにある自社ビルだったので、
町会費を払うような立地場所だった。
その後は家の近所の会社を探して就職したのでオフィスビルとは程遠い。
と言うか工場内のプレハブ。
面接のときに、

「こんな若いおねーちゃんが(サヨ当時23歳)こんな汚いプレハブに働きに来てくれるんかいな」

と言われたのを覚えている。
その後、会社が工場横のまさかのビル(と言っても汚い)に引っ越してプレハブを脱出したのもつかの間、
工場が閉鎖になったのでまた引越すことになり、今度はキレイなプレハブ。
プレハブに逆戻りおkkkwwwwwww
そんなプレハブ勤務人生だった。
正直オフィス街よりプレハブの方が数倍落ち着く。

ビビりながら現地に行ってみると、そこは有名企業がひしめくオフィス街。
激しくオフィス街。
サヨ萎縮。
激しく萎縮。
ちょうど昼休み時だったので華やかなOLたちがランチに行く。

オフィスカジュアルなんとなく理解wwwwwwwwwwwww

自分に分不相応な雰囲気は激しく理解したものの、この身をオフィスカジュアルで包まねばならぬ。

ユニクロで探そうかな~

などと思っていた思考がブッ飛び、半ばアワアワしながら地下鉄に乗り、なんば高島屋へ。
センスも知識も雰囲気も無い、ここ半年無職でロクにブラジャアもつけてなかったような女を、
オフィスカジュアルらしく見せるには金と店員に頼るしかない。
店員のコーディネイトでなんとなくそんな感じに見える感じの服を購入。

できる!着回し術!

とか言うファッション雑誌の見出し理解wwwwww
高かったけど買うしかないこの悲しさ。
分不相応な車を買うと維持費で金がかかるのと同じく、
分不相応な職場に数日でも行くということはこういうことなのだと身を以って知った。
そんな感じで。
今からあの立派なビルを思い出しただけで緊張でお腹が痛くなるけど、(どんだけwww)
とりあえずは明日から3日間、半年ぶりの仕事をがんばってこようと思う。
てことで前書き、終わり。(恐ろしく長すぎる件)

半年ぶりの仕事を前にいろいろな不安に耐えるわたしのことなどまったく知らぬドテチン。
よく食べるドテチンがどれほどよく食べるのかが一目瞭然の画像があった。
↓キュウリを食べるドテチン。
2011.8.21a.JPG
そんなに奥まで突っ込んで食いしん坊ですね^^
なんて思っていた翌朝。
2011.8.21b.JPG
わかるだろうか。
更に奥まで突っ込み、殻がめりこんでいる様子が。
そしてこの後、夕方になってもめり込み続けるので不安になり、引き出して見た。
2011.8.21c.JPG
ドテチン、まさかの穴掘り名人。
なにげに横に写るドテチンがドヤ顔に見える。

夏も終盤、こんな呑気な姿を仕事せず毎日毎日眺めていたいけれど、
なかなかそうも行かないねえ。
午前のベランダで食事もしばらく中断ですよ、マチルダ氏、トチエモン。
2011.8.21d.JPG
仕事行ってる間、おとなしくしていてね。
nice!(1)  コメント(20) 
共通テーマ:ペット

ヌラヌラお盆 [リクガメ]

毎年お盆と言えば短いお盆休みを満喫するべくゴロ寝を謳歌したりしていたが、
今年はまさかの毎日が日曜日という、うっかり極楽な日々なので、
逆にスーツを着て派遣登録会に行ってきた。(キリッ)
クソ暑い中、これで地下鉄まで歩いて行ったら着く頃にはデブ汁満載で、

「コフー・・・コフー・・・」

などと荒い息で登場することになりかねないので叔母車で行った。
・・・働く前からもうダメな気がするのは気のせいか。

PCのスキルチェックや面談などを3時間ほどで終了。
なんと登録会に行ったその日に1件だけだがわたしに合いそうな仕事があるとのこと。
まじか!
まじすか!!
盆も正月も土日も出勤な職場だったけど、
選んでられないので行きたい旨を伝えたところ、先方に聞いてから明日お返事しますとのこと。
早くも無職脱出なの?
もう脱出なの?(^ω^)vおっおっ

そして翌日、返事があった。
「他の派遣会社からも募集しておられまして、その、簿記2級を持った方が多数おられまして云々・・・」
要するにわたしの資格は簿記3級。
だがしかし他の人たちは簿記2級を持っているのでその中から選ぶということで。

サヨのスキルは低かった!
サヨのやる気が3減った!

厳しい!
派遣ナメてたよ!
もはや仕事に就ける気がしwなwいwおkkkwwwwww
てことで、相変わらず無職続行です☆キャ(/ωヽ)

そんな悲惨な盆休みの前書き談はおいといて。
前書きが長いとかどこかの誰かにうっかり似てきたわね・・・とか思いつつ。

新しいコをお迎えした。
じゃじゃーん。
2011.8.15a.JPG
なんだよ、トチエモンじゃねーかよ。
と思いきや、
2011.8.15b.JPG
じゃーん
2011.8.15c.JPG
ぬらぬら
2011.8.15d.JPG
ぬらー
2011.8.15e.JPG
ぬらららー

7月の末に甥っこと和歌山県へ出かけたときに、
コンクリートの壁にカラカラになってへばりついているところを
甥っこがうっかり捕獲してしまい、連れて帰ってきた。
大きさがまるでペコ山そっくりだわ・・・と思いつつ、
名前はドテチンにした。
なぜドテチンなのか。
和歌山県への行き帰りの車中で、
ずっとDVDではじめ人間ギャートルズを見ていたので、ドテチンにした。
後悔はしていない。

甥っこが大きくなったとき、このドテチンも大きくなっているように、
ちゃんとお世話しようと思う。
死なせてしまったペコ山の分も。
2011.8.15f.JPG
ドテチン、これからよろしくお願いします。
nice!(1)  コメント(22) 
共通テーマ:ペット

姐さん [その他]

一昨日、姐さんが亡くなったと聞いて昨日、
kajikajiさんのお店に行って半年放置していた髪をカットをしてもらいつつ、
姐さんの話を聞かせてもらい、帰り際に動かなくなった姐さんの画像を見せてもらってもまだ、
実感がなかった。

今朝、リクガメの画像フォルダに入っているたくさんの姐さんの画像を見ていたら、
昨日見せてもらった動かない姐さんの画像との違いにだんだんと、
姐さんは動かなくなってしまったのだと実感が湧いてくる。
突然いなくなるというのは、いつもこういう感覚だ。
実感するまでに時間がかかる。
脳内で理解していても感情が追いつかない。

画像を見れば見るほどに、涙が止まらなくなってきて今、困ってる。
困ってる横で、発情中なのか朝からごはんも食べずにぐるぐると歩き回る、
マチルダの足音だけが部屋に響いていて、その音を聞きながら、
このトッティ邸で過ごした姐さんの写真を見ていると、いろんなことを思い出す。

2011.8.10b.JPG
2011.8.10c.JPG
2011.8.10d.JPG
2011.8.10e.JPG
2011.8.10f.JPG
2011.8.10g.JPG

こんなでかい牛ケヅメとガチホモのホシガメのいるところに連れてこられ、
それでも「しれっー」とごはんを食べていた姐さん。

いつか姐さんとマチルダのベビーが見れる日が来るかも知れないと思ってたけど、
夢に終わってしまった。
卵詰まりになった卵はもしかしてマチルダとの卵だったのかな。
そう思うと申し訳ないのと悲しいのとでやりきれない。

姐さん、いつかマチルダがそっちに行ったら、
またその極悪顔で蹴散らしてやってください。
それで、また仲良く一緒にごはんを食べてやってください。
2011.8.10h.JPG
うちに来てくれてありがとう。
やり手ババアがいろいろ仕掛けてごめんね。
楽しい思い出をいっぱいいっぱいありがとうね、ルーファス姐さん。
nice!(1)  コメント(15) 
共通テーマ:ペット

スーツが入ったでござるの巻 [クサガメ&リクガメ]

失業保険給付終了に伴い、いよいよ危機感を持って
就職への準備を始めるに至り、まずはスーツが入る体型から。
とか気の長い準備から始まった「サヨ、無職脱出計画」。
先月から本気でダイエットに取り組み、最大ピーク時の体重より6キロ痩せたよママン。

そして先日、スーツに袖を通してみたら、なんとか入った。
スカートもなんとか入った。
だが悲しいかな、誰も痩せたことに気づかない。
そう。
「小錦が10kg痩せてもわからない」の法則発動で、
わたしが6kg痩せたところで見た目ではわからないのである。
たぶんあと6kg痩せたら親戚友人にもわかると思う。
更に言うとあと6kg痩せたところでまだ標準体重には届かない。

太wりwすwぎwおkkkwwwwwwwwww

こんなことになるなら無職になったと同時に今のダイエットを開始していれば、
今頃そのあと6kg痩せたところぐらいまでは行ってたかも知れないのにねー。
などと得意の「たられば」を炸裂させつつも、
よくぞここで6kg減らすことができたもんだと、自分で思う。
「大きなスーツが入らないデブチン」
から、
『大きなスーツが入るデブチン』
へ。
それなんてドテチン。

スーツが着れるようになったので、次にすることは就職活動。
とは言え、前回のニャーの会社で自信をすっかり失くしてしまったので、
正直、正社員で飛び込むのがマジで怖い。
またあんな会社に入ってしまったらと思うと、考えただけで震える。
やめてから今日で丸半年経つというのに、まだあの会社が夢に出てくる始末。
実は先月、その会社からわたしの携帯に着信があった。
1件目は携帯から、次は10分後に会社の固定電話から。
何の用事か知らないが、本当に大事な用件なら家の電話にかかってくるだろうと思い、出なかった。
結局、家の電話は鳴らず。
何の用件だったんだろう・・・と気にはなったけれど、
もう二度とかかわりたくないのでコールバックせず。
それ以来、あちらからも再コールは無いので重要な用件ではなかったと思う。
こちらからかけなくてよかった。

正社員がダメならバイトでもいいじゃない。
ってことで、とりあえず何かしら働かないとそろそろパパうえがキレそうな気がしないでもなく、
ママンも娘のダメっぷりに涙が出てくる5秒前かも知れないので、
よく地下鉄の駅に置いてある無料の求人雑誌(週1回、毎週月曜発行らしい)を何度か見てみたが、

「また来週!」

とかやってるうちに軽くあと半年とか経ちそうなので、
さきほど、某派遣会社の登録会を予約してみた。
もうこれで逃げられない。

「サヨよ、パツンパツンのスーツを着て登録会に行くがよい。」

そんな労働の神の声が聞こえた気がした。
だがしかし、登録したところで仕事がすぐに来ると決まったわけではない。
20代ならまだしも、30代も後半だとそうそう仕事の紹介はしてもらえないだろう。
なんだかんだでわたしの無職生活はまだまだ続きそう。(だからバイトしろよ)
だがしかし、そろそろお金がヤバイので、
とりあえずサマージャンボに期待したい。(ダメだこいつなんとかしないと)

そんな感じでわたしがダイエットにいそしんでいる間も、
マチルダ氏はベランダ生活、トチエモンはよく食べ、クッサーズはササミ祭でワッショイだった。
ミルやんかアリ夫かわからないが、忘れていたと言わんばかりに、
卵を1コ、産み落としていた。
右手にwiiリモコンとヌンチャク、左手に卵と何かを持って笑顔で写る甥っこ。
2011.8.8a.JPG
↑ 手前にうっかり写りこんでいたメシを探すトチエモン。

夏休みで7/22からおばあちゃんち(うち)に遊びに来ていた甥っこ。
カメには少し興味があるみたい。

先週末、うちに来ていた甥っこの家の犬、春峯堂こと、うんぽこ。↓
2011.8.8b.JPG
ウンコの癖が悪いので
「しゅんぽうどう」と呼んでいたのが、
「うんぽうどう」と呼ばれるようになり、
最終形態は「うんぽこ」になってしまった。
そして、
トチエモンに水を奪われそうになり、焦るうんぽこ。
2011.8.8c.JPG
だがしかし、奪われる。
2011.8.8d.JPG

相変わらず犬に動じないトチエモン。
カメたちとの毎日が楽しくて、楽しい時間はあっと言う間に過ぎて行ってしまう。
家に居ることができるこんな毎日をずっとずっと送れたら、どんなに幸せだろう。
そんなことを思っている間にもう8月。
引き続き、光陰矢のごとし。
nice!(0)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット